‘選手情報 【野球】’ カテゴリーのアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年8月2日の試合)

2019年8月3日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 アストロズ 10-2 マリナーズ

 先発で登板。
 1回裏、先頭打者にいきなりヒットを打たれ、その後2死2塁と得点圏にランナーを背負うも無失点で切り抜ける。

 しかし2回裏、この回の先頭打者にソロホームランを浴びて先制を許すと、その後2死1塁からツーランホームラン浴びてしまい3点を失ってしまう。

 3回裏はツーアウトからヒットでランナーを出すも無失点で切り抜けたが、4回裏にソロホームランとツーランホームランと1イニングに2本のホームランを浴びて3点を失った。
 
 菊池投手は4回を投げ切ったところで降板。
 4本のホームランで6失点と試合を作れずチームも大敗。菊池投手は8敗目を喫した(4勝8敗)

 投球記録;4回を9安打6失点1奪三振。球数(77球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 インディアンス 7-3 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打(四球、二ゴロ、左飛、見逃し三振)だった。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月30日~8月1日の試合)

2019年8月2日 金曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○スクラントン 6-3 シュラキュース(現地時間7月30日の試合)

 5番セカンドで先発出場。
 1打数1安打1盗塁(四球、死球、左安、四球)だった。

○ロチェスター 6-1 スクラントン(現地時間7月31日の試合)

 6番ファーストで先発出場。
 4打数1安打(二安、一ゴロ、左飛、空振り三振)だった。

○ロチェスター 5-3 スクラントン(現地時間8月1日の試合)

 8番ショートで先発出場。
 4打数無安打(空振り三振、右飛、空振り三振、遊失)だった。

==========================

<AA>

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○アマリロ 7-4 Frisco(現地時間8月1日の試合)

 7対4と3点リードの9回表から3番手で登板。
 この回の先頭打者にヒットで出塁を許すも、後続を4-6-3のダブルプレー、ライトフライに打ち取って試合を締め括り、今季2セーブ目を挙げた!(3勝2敗2セーブ)

 投球記録;1回を1安打無失点。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月31日の試合)

2019年8月1日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 ヤンキース 7-5 ダイヤモンドバックス

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回2死1,2塁と先制のピンチを招いてしまうも、空振り三振で切り抜ける。
 2回はツーアウトからフォアボールでランナーを出すものの、得点を与えなかった。

 2回裏に打線が2点を先制して迎えた3回表は3者凡退に抑え、流れを渡さない。
 4回に連続フォアボールと内野安打で2死満塁のピンチを招くも、最後はサードゴロに抑えてこの回も無失点。

 だが、2点リードで迎えた5回表、連打で無死1,3塁となったところで勝利投手の権利のかかった回ではあったが無念の降板となった。
 田中投手の後を継いだ投手がタイムリーヒットで1点差に迫られると、エラーと犠牲フライでさらに2点を追加され、逆転を許してしまった。

 投球記録;4回0/3を5安打2失点4奪三振3四球。球数(82球)「勝敗つかず」

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 2対3とダイヤモンドバックス1点リードの7回裏、2死2塁の場面から4番手で登板。
 しかし、ロマイン選手に逆転のツーランホームランを浴びてしまった。

 8回裏もマウンドに上がるも、連打で無死1,3塁となったところで降板。
 平野投手の後を継いだ投手が内野ゴロの間に1点を失うと、さらに2本のタイムリーヒットでこの回3失点。
 
 9回表に打線が2点を返すも反撃もここまで。
 試合はヤンキースが逆転で制し、平野投手が負け投手となった(3勝5敗1セーブ)

 投球記録;1/3回を3安打3失点。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月30日の試合)

2019年7月31日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カージナルス 2-1 カブス

 先発で登板。
 1回裏を3者凡退で切り抜けると、2回、3回はツーアウトからヒットで出塁を許すも得点を与えない。

 1点を先制してもらった4回裏、連打と暴投で1死2,3塁とピンチを招くと、ワイルドピッチでボールが後ろへ転がる間に3塁走者がホームに生還し、同点に追いつかれてしまう。

 5回裏は2死2塁と1打勝ち越しのピンチを背負うも無失点で切り抜ける。
 だが、6回裏1死走者なしからゴールドシュミット選手に勝ち越しのソロホームランを浴びてしまった。

 ダルビッシュ投手は6回を投げ切り、2対1と1点ビハインドで降板。
 試合はカブス打線がカージナルス投手陣を打ち崩せず接戦を落とし、ダルビッシュ投手が負け投手となった(3勝5敗)

 投球記録;6回を6安打2失点9奪三振1死球。球数(98球)

 打席記録;0打数無安打(犠打、四球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 6-1 タイガース

 3番指名打者で先発出場。
 4打数3安打1打点1盗塁(左安、遊安、中安(1)、空振り三振)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ヤンキース 2-4 ダイヤモンドバックス

 3点リードで迎えた6回裏、1点を返されなおも1死2塁の場面から2番手で登板。
 外野フライを挟んでフォアボールとヒットで2死満塁とピンチを招くも、最後はファーストゴロに打ち取り、追加点を与えなかった。
 
 7回裏も引き続きマウンドへ。
 連続三振を奪い2死走者なしとなったところで降板した。

 投球記録;1回1/3を1安打無失点2奪三振1四球。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月29日の試合)

2019年7月30日 火曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ロッキーズ 9-1 ドジャース

 先発で登板。
 1回裏2死2塁と先制のピンチを迎えるも、無失点で切り抜ける。
 しかし2回裏、ワンアウトからスリーベースヒットでピンチを招くと、続く打者にタイムリーヒットを許し、あっさり先制を許してしまった。

 3回3者凡退、4回はワンアウトからヒットでランナーを出すも得点を与えなかったが、5回裏に試合が大きく動く。
 ヒットとフォアボールで無死1,2塁とピンチを招くと、タイムリーヒットで追加点を与えてしまう。その後味方のエラーもあり無死満塁とピンチが広がると、タイムリーヒットでさらに2点を失ってしまう。無死1,3塁でフォアボールを与えてしまい再び満塁となると、2点タイムリーツーベースヒットでこの回だけで5点を失った。
 
 6点ビハインドで無死2,3塁となったところで前田投手は無念の降板となった。
 後を継いだ投手がこれ以上の得点は与えなかったが、この回の大量失点が響いてチームは敗戦。
 前田投手が敗戦投手となり、8敗目を喫した(7勝8敗)

 投球記録;4回0/3を7安打6失点5奪三振2四球。球数(92球)

 打席記録;2打数無安打(遊ゴロ、二ゴロ)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 2-7 タイガース

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打(二併、右飛、四球、見逃し三振)だった。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月26日~29日の試合)

2019年7月30日 火曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○スクラントン 5x-4 シュラキュース(現地時間7月29日の試合)

 7番サードで先発出場。
 4打数1安打(中安、一ゴロ、見逃し三振、空振り三振)だった。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○Erie 1-2 トレントン(現地時間7月26日の試合)

 2番セカンドで先発出場。
 4打数1安打(一安、二ゴロ、空振り三振、左飛)だった。

※現地時間7月28日、AAA昇格!

--------------------------

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○NW Arkansas 0-4 アマリロ(現地時間7月27日の試合)

 4点リードの6回裏2死2塁の場面から2番手で登板。
 得点圏にランナーを置いた場面での登板となったが、セカンドゴロに打ち取った。

 7回裏も引き続きマウンドへ。
 味方のエラーでランナーを出すものの無失点で切り抜けた。

 投球記録;1回1/3を無安打無失点2奪三振。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月28日の試合)

2019年7月29日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 5x-4 オリオールズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数無安打(左直、左飛、遊ゴロ、三ゴロ)だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月27日の試合)

2019年7月28日 日曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 7-8 オリオールズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数1安打1打点(空振り三振、中本(1)、左飛、二ゴロ、敬遠四球)だった。
 4対5と1点ビハインドの3回裏にセンターへ今季第15号となる同点ソロホームランを放った!

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月26日の試合)

2019年7月27日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 マリナーズ 3x-2 タイガース

 先発で登板。
 初回は3者凡退に抑えるも、2回にディクソン選手にソロホームランを浴びてしまい先制を許す。
 3回表にはこの回の先頭打者のヒックス選手にソロホームランを浴びて追加点を与えてしまい、2点のビハインドとなる。

 4回、5回はランナーは出すものの粘りのピッチングで追加点を与えない。
 6回は3者凡退に抑え、7回も連続三振でツーアウトまで行くも、2死走者なしからスリーベースヒットを許したところで降板した。

 試合は7回裏にマリナーズが同点に追いつき菊池投手は黒星を免れる。
 2対2で迎えた9回裏2死2,3塁からスミス選手のタイムリーヒットでサヨナラ勝ちを収めた!

 投球記録;6回2/3を7安打2失点4奪三振。球数(85球)「勝敗つかず」

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 3-9 オリオールズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数1安打(右直、右3、遊ゴロ、中直)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 マーリンズ 3x-2 ダイヤモンドバックス

 1対2と1点リードで迎えた9回裏、同点に追いつかれなおも2死1,3塁の場面から5番手で登板。
 しかし犠牲フライを許してサヨナラ負けを喫した。

 投球記録;0/3回を無安打無失点。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月25日の試合)

2019年7月26日 金曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 レッドソックス 19-3 ヤンキース

 先発で登板。
 1回裏、ヒットとフォアボールで無死1,2塁とピンチを招くとボガーツ選手にスリーランホームランを浴びてしまい、いきなり3点を奪われてしまう。
 その後2死満塁とピンチを招いてしまうと、2本連続のタイムリーツーベースヒットで4点を失い、初回に一挙7点を失ってしまった。

 2回は3者凡退に抑えて立ち直りかけたが、3回裏は2死2,3塁とピンチを招いてしまう。
 3回は無失点で切り抜けたが、4回裏はこの回先頭のディバース選手にソロホームランを浴びてしまうと、その後1死1,2塁とピンチを招くと2本連続のタイムリーツーベースヒットで3点を失う。
 11対2と9点ビハインドとなり1死2塁の場面で田中投手は降板した。

 試合はレッドソックスに23安打19失点と大敗し、田中投手は6敗目を喫した(7勝6敗)

 投球記録;3回1/3を12安打12失点4奪三振3四球。球数(87球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 8-10 オリオールズ
     [延長16回]

 3番指名打者で先発出場。
 5打数無安打1盗塁(四球、死球、左直、左直、空振り三振、四球、左飛、左邪飛)だった。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月23日~25日の試合)

2019年7月26日 金曜日

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○トレントン 3-1 Akron(現地時間7月23日/ダブルヘッダー第1試合)
    [7回コールド]

 9番セカンドで先発出場。
 1打数無安打(二ゴロ、四球)だった。

○トレントン 0-6 Akron(現地時間7月23日/ダブルヘッダー第2試合)
    [7回コールド]

 9番セカンドで先発出場。
 3打数1安打(空振り三振、中安、空振り三振)だった。

○Erie 9x-8 トレントン(現地時間7月25日/ダブルヘッダー第1試合)
  [7回コールド]

 9番セカンドで先発出場。
 4打数4安打1打点(中安、中2、左安(1)、左2)だった。

○Erie 5-1 トレントン(現地時間7月25日/ダブルヘッダー第2試合)
  [7回コールド]

 9番セカンドで先発出場。
 3打数2安打(右安、空振り三振、右安)だった。

--------------------------

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○Springfield 12-1 アマリロ(現地時間7月24日の試合)

 4対1と3点ビハインドの5回裏から2番手で登板。

 2本のヒットで1死1,2塁とピンチを招くと、タイムリーヒットで1点を失うと、1死1,3塁とピンチは続き、またもタイムリーヒットを許しこの回2点を失う。さらに1死1,2塁とピンチは続くもダブルプレーで切り抜けた。

 投球記録;1回を4安打2失点。

※現地時間7月24日、AA降格。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月24日の試合)

2019年7月25日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 ドジャース 2-3 エンゼルス

 2対3と1点リードの8回表、この回の先頭打者の代打として登場。
 フォアボールを選んで出塁した。
 8回裏から守備にはつかず交代となった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 5-2 オリオールズ

 4対2と2点リードの7回表から2番手で登板。
 2死満塁とピンチを招くも無失点で切り抜けた。

 投球記録;1回を2安打無失点2奪三振1四球。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月23日の試合)

2019年7月24日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 ドジャース 4-5 エンゼルス

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 立ち上がり、先頭打者にいきなりフォアボールで出塁を許すも、後続を抑え無失点で切り抜ける。

 しかし2回表2死1,2塁とピンチを招くと9番投手の打席で代打が告げられ、大谷選手が打席へ。
 日本人対決が実現したが、ワンボールからの2球目、前田投手の投じた内角のファストボール(フォーシーム)を大谷選手が弾き返してライトへのタイムリーヒットを放ち、エンゼルスが1点を先制した!

 3回表も味方のエラーとヒットで無死1,2塁とピンチを招くが、後続を空振り三振、ファーストへのファールフライ、見逃し三振と粘りのピッチングで追加点を与えない。

 4回表を3者凡退に抑えると、4回裏にドジャース打線が1点を返して同点となる。
 しかし、5回表トラウト選手にソロホームランを浴びて1点を勝ち越されてしまうと、続くアップトン選手にツーベースヒットを許し、1死2塁となったところで無念の降板となった。
 後を継いだリリーフのウリウス選手もエンゼルス打線の勢いを止められず、この回3点を失い、リードを広げられた。

 試合は、3対5と2点ビハインドで迎えた9回裏にドジャース打線が1点を返すも反撃もここまで。
 前田投手が敗戦投手となり、7敗目を喫した(7勝7敗)

 投球記録;4回1/3を4安打3失点7奪三振3四死球。球数(95球)

 打席記録;1打数1安打(右安

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 スコアレスで迎えた2回表、2死1,2塁と1打先制の場面で9番投手に打席が回ってきたところで代打で登場。
 ライトへのタイムリーヒットを放ち、エンゼルスが先制した!
 2回裏から守備にはつかず交代となった。

 打席記録;1打数1安打1打点(右安(1)

**************************

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 ジャイアンツ 5x-4 カブス
      [延長13回]

 先発で登板。
 1点を先制してもらい、1回裏のマウンドへ。
 ワンアウトからヒットで出塁を許すも、後続を6-4-3のダブルプレーに抑える。

 しかし2回裏、先頭打者にツーベースヒットで出塁を許すと、その後1死3塁となり犠牲フライで同点に追いつかれてしまった。
 それでも打線が3回表に1点を勝ち越しリードを奪うと、3回裏のダルビッシュ投手は、ツーアウトからヒットで走者を出してしまうも後続を空振り三振に抑える。

 だが落とし穴は4回裏に待っていた。
 1死走者なしからディカーソン選手に同点ソロホームランを浴びてしまうと、その後1死1,2塁とピンチを招き、ピラー選手にレフトへの2点タイムリーツーベースヒットで、勝ち越しを許してしまった。

 5回、6回は3者凡退に抑えて立ち直りを見せたが、4対2と2点ビハインドのまま6回を投げ切ったところで降板した。

 試合は、カブス打線が7回に1点、8回に1点と小刻みに得点を奪い、4対4のまま9回で決着がつかずに延長戦へ。
 延長13回にサンドバル選手にソロホームランを浴びて、サヨナラ負けを喫した。

 投球記録;6回を6安打4失点6奪三振1四球。球数(77球)「勝敗つかず」

 打席記録;2打数無安打(二ゴロ、空振り三振)

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月22日の試合)

2019年7月23日 火曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 6-3 オリオールズ

 6対3と3点リードの7回表から2番手で登板。
 打者3人を、セカンドゴロ、センターライナー、センターライナーの3者凡退に抑えた!
 
 投球記録;1回を無安打無失点。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月19日~22日の試合)

2019年7月23日 火曜日

<AAA>

牧田 和久(パドレス傘下AAA:エルパソ)/ 投手

○アルバカーキ 5-7 エルパソ(現地時間7月19日の試合)

 5対3と2点ビハインドの6回裏から2番手で登板。
 ライトフライ、レフトフライ、空振り三振の3者凡退に抑えると、7回表に打線が3点を奪って逆転に成功する。
 
 7回裏も続投でマウンドに上がり、先頭打者にフォアボールを与えてしまうも後続を抑え、勝利投手の権利を得て降板。
 チームはそのまま逃げ切って勝利し、牧田投手が勝利投手となった!(3勝0敗)
 
 投球記録;2回を無安打無失点2奪三振1四球。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○トレントン 0-2 Hartford(現地時間7月19日の試合)

 9番セカンドで先発出場。
 3打数無安打(見逃し三振、二失、空振り三振)だった。

○トレントン 6-4 Hartford(現地時間7月20日の試合)

 9番セカンドで先発出場。
 3打数1安打1打点(中安中犠飛(1)、三飛、二ゴロ)だった。

○トレントン 7-2 Hartford(現地時間7月21日の試合)

 9番サードで先発出場。
 4打数1安打(中安、一ゴロ、左飛、一ゴロ)だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月21日の試合)

2019年7月22日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 マリナーズ 3-9 エンゼルス

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回2死走者なしの場面で打席には大谷選手が入る。フルカウントからの7球目、菊池投手の投じた真ん中低めのファストボール(フォーシーム)に大谷選手は手が出ず見逃し三振に抑えた。

 しかし2回表ツーアウトからブホルス選手にソロホームランを浴びてしまい、先制点を与えてしまう。

 3回表ツーアウトからフォアボールでランナーを出してしまうと、打席には大谷選手が入る。
 ワンボールからの2球目、菊池投手の投じた外角低めの変化球(スライダー)を大谷選手がひっかけてセカンドゴロに抑えた。

 4回表またもツーアウトからランナーを出してしまうと、グッドウィン選手にツーランホームランを浴びてしまう。さらにその後3連打で2点を失い、この回一挙に4点を失ってしまう。
 
 5回表、この回の先頭打者で大谷選手が打席に入り、この試合3度目の日本人対決が実現。
 ワンストライクからの2球目、菊池投手の投じた外角のファストボール(フォーシーム)を、大谷選手が逆らわず打ち返して左中間フェンス直撃のツーベースヒットで出塁した。

 
 次の打者のアップトン選手にタイムリーツーベースヒットで大谷選手がホームに生還。
 1死3塁から犠牲フライでこの回2点を失い、5回を投げ切り7点ビハインドで降板。菊池投手は7敗目を喫した(4勝7敗)
 
 投球記録;5回を9安打7失点3奪三振1四球。球数(74球)

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 3番指名打者で先発出場。
 5打数2安打(見逃し三振、二ゴロ、左2、中安、遊ゴロ)だった。

**************************

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 4-7 ブリュワーズ

 4対4と同点の7回表から3番手で登板。
 打者3人を相手に3者連続三振と完璧な投球を見せた!
 
 投球記録;1回を無安打無失点3奪三振。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月20日の試合)

2019年7月21日 日曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ヤンキース 11-5 ロッキーズ

 先発で登板。
 1回、2回を3者凡退と安定感のある立ち上がりを見せ、3回、4回は走者を許すも、無失点で切り抜ける。
 
 しかし、9点リードで迎えた6回表、1死走者なしから連打で1点を返されると、その後1,3塁の場面でアレナド選手にスリーランホームランを浴びてしまう。さらにこの回もう1点を失い5失点。

 田中投手は6回を投げ切り、勝利投手の権利を持って降板。
 打線の大量援護もあり、田中投手が7勝目を挙げた!!(7勝5敗)

 投球記録;6回を7安打5失点3奪三振1四球。球数(85球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 マリナーズ 2-6 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 5打数1安打1盗塁(空振り三振、空振り三振、遊ゴロ、二ゴロ、左安)だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月19日の試合)

2019年7月20日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 マリナーズ 10-0 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打(中飛、見逃し三振、一ゴロ)だった。

--------------------------

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ドジャース 2-1 マーリンズ

 2対1と1点リードの8回表から2番手で登板。
 打者3人を空振り三振、空振り三振、サードゴロと3者凡退に抑えた。

 投球記録;1回を無安打無失点2奪三振。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 10-7 ブリュワーズ

 10対4と6点リードの6回表から3番手で登板。
 打者3人を相手に3者連続三振と完璧な投球を見せた!

 投球記録;1回を無安打無失点3奪三振。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月18日の試合)

2019年7月19日 金曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 2-6 アストロズ

 2対6と4点ビハインドの9回裏2死3塁の場面に代打で登場。
 しかし、空振り三振に倒れてしまい試合終了となった。

 打席記録;1打数無安打(空振り三振)

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月16日~18日の試合)

2019年7月19日 金曜日

<AAA>

牧田 和久(パドレス傘下AAA:エルパソ)/ 投手

○レノ 5-3 エルパソ(現地時間7月16日の試合)

 5対1と4点ビハインドの7回裏から3番手で登板。
 2回を無安打無失点3奪三振1死球だった。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○Altoona 2-4 トレントン(現地時間7月16日の試合)

 9番セカンドで先発出場。
 3打数1安打1打点(右3(1)、四球、投ゴロ、見逃し三振)だった。

○Altoona 6-5 トレントン(現地時間7月17日の試合)

 9番サードで先発出場。
 4打数2安打1打点1盗塁(二ゴロ、中安、左安(1)、右飛)だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月17日の試合)

2019年7月18日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 5-2 レッズ

 先発で登板。
 この試合も立ち上がりからヒットを与えず、4回まで出したランナーはデッドボールを与えてしまった1人だけ。

 2点リードで迎えた5回表、先頭打者にこの試合2個目のデッドボールで出塁を許すと、
 ツーアウト後にこの試合に初ヒットを許して2死1,2塁とピンチを広げてしまう。
 しかし、最後はセカンドゴロに抑えて無失点で切り抜ける。

 6回表には、先頭打者にツーベースヒットを許し、この試合初の長打を浴びる。
 その後1死3塁となるも、後続をサードゴロ、空振り三振に抑えピンチを切り抜けた。

 2点リードで迎えた6回裏、この回の先頭打者として打席が回ってくるも代打を送られ交代。
 勝利投手の権利を持って降板し、打線も効果的に追加点を奪って勝利し、ダルビッシュ投手は3勝目を挙げた!!(3勝4敗)

 投球記録;6回を2安打無失点7奪三振2死球。球数(83球)

 打席記録;1打数無安打(見逃し三振)

--------------------------

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 フィリーズ 2-7 ドジャース

 先発で登板。
 1点を先制してもらい迎えた1回裏、ワンアウトから2つのフォアボールで1死1,2塁とピンチを招くも、後続を抑えて得点を与えない。
 
 2回裏は3者凡退に抑え、上々の立ち上がりとなるも、3回表ドジャースの攻撃中に大雨により試合が約2時間半も中断。
 試合は再開されるも中断の影響もあり、3回裏から交代となった。
 
 投球記録;2回を無安打無失点3奪三振2四球。球数(35球)

 打席記録;1打数無安打(空振り三振)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 2-11 アストロズ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数2安打(四球、中直、左安、中安)だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月16日の試合)

2019年7月17日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 7-2 アストロズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数2安打1打点1盗塁(遊安(1)、中安、二ゴロ、中飛)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 レンジャーズ 2-9 ダイヤモンドバックス

 1対5と4点リードの8回裏から4番手で登板。
 しかし、ヒットと2つのフォアボールで無死満塁とピンチを迎えたところで、ワンアウトも取れずに降板。

 後を継いだリリーフのロペス投手が犠牲フライで1点を失うも、その後1死1,2塁の場面でダブルプレーに抑えて最少失点で切り抜けた。

 投球記録;0/3回を1安打1失点2四球。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月15日の試合)

2019年7月16日 火曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 9-6 アストロズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数無安打(空振り三振、二直、四球、右直、中飛)だった。