‘選手情報 【野球】’ カテゴリーのアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年4月12日の試合)

2019年4月13日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 1-2 パドレス

 1対1と同点の7回表、1点を勝ち越されなおも1死2塁の場面から2番手で登板。
 サードゴロで2死2塁とし、後続にはフォーボールを与えて出塁を許し2死1,2塁となるも、代打レンフロー選手をレフトフライに打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 投球記録;2/3回を無安打無失点1四球。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年4月11日の試合)

2019年4月12日 金曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 6-7 パドレス

 6対7と1点ビハインドの9回表から4番手で登板。
 1回を無安打無失点3奪三振だった。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間4月7日~10日の試合)

2019年4月12日 金曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○バファロー 2-10 スクラントン(現地時間4月7日の試合)

 5番セカンドで先発出場。
 4打数無安打(三ゴロ、見逃し三振、空振り三振、空振り三振)だった。

○リーハイバレー 5-4 スクラントン(現地時間4月8日の試合)

 5番セカンドで先発出場。
 4打数2安打1打点1盗塁(中2(1)、空振り三振、右飛、右安)だった。

○リーハイバレー 3-2 スクラントン(現地時間4月10日の試合)

 3対1と2点ビハインドの9回表、1点を返しなおも2死1,3塁の場面で1塁走者の代走として途中出場した。

--------------------------

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

 登板機会なし。

==========================

<AA>

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○アマリロ 8-2 Midland(現地時間4月9日の試合)

 8対1と7点リードの9回表、1点を返されなおも2死満塁の場面から4番手で登板。
 セカンドフライに打ち取り試合を締めくくった。
 
 投球記録;1/3回を無安打無失点。

○アマリロ 5-11 Midland(現地時間4月10日の試合)

 1対7と6点ビハインドの9回表から5番手で登板。
 1回を3安打4失点2奪三振だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年4月10日の試合)

2019年4月11日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 2-5 パイレーツ

 先発で登板。
 1対3と2点ビハインドで迎えた6回裏、先頭打者は打ち取るもその後連打で1死1,3塁となったところで降板。
 今季2敗目を喫した(0勝2敗)

 投球記録;5回1/3を5安打5失点4奪三振1死球。球数(77)

--------------------------

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 カージナルス 7-2 ドジャース

 先発で登板。
 2対1と1点ビハインドで迎えた6回裏、連打で1点を失い、1死3塁の場面でモリーナ選手にツーランホームランを浴びてしまい、4点ビハインドとなったところで降板。
 今季初黒星を喫した(2勝1敗)
 
 投球記録;5回1/3を7安打5失点5奪三振1四球。球数(82)

 打席記録;2打数無安打(空振り三振、空振り三振)

--------------------------

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 ロイヤルズ 5-6 マリナーズ

 先発で登板。
 6回を5安打3失点3奪三振1四球。球数(80)

 6回を投げ切り3対5と2点リードで勝利投手の権利を持って降板。 
 しかし、7回裏にリリーフ陣が2点を失い同点に追いつかれてしまい、メジャー初勝利がまたしてもこぼれ落ちた。
 試合は9回表にマリナーズが1点を奪って勝ち越しに成功し接戦を制した。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年4月9日の試合)

2019年4月10日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 5x-4 レンジャーズ

 1対4と3点ビハインドの7回表2死2塁の場面から2番手で登板。
 サードゴロに抑えてピンチを切り抜けた。

 投球記録;1/3回を無安打無失点。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年4月8日の試合)

2019年4月9日 火曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 アストロズ 4-3 ヤンキース

 先発で登板。
 6回を3安打1失点3奪三振2四球。球数(78球)
 6回を投げ切り、1対3と2点リードのまま勝利投手の権利を持って降板。

 しかし、7回裏に2番手投手が2点を奪われ同点に追いつかれてしまい、田中投手の勝ち星は消えた。
 さらに8回裏に勝ち越しを許してしまい、チームは逆転負けを喫した。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間4月4日~6日の試合)

2019年4月8日 月曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○バファロー 8-3 スクラントン(現地時間4月4日の試合)

 7番ショートで先発出場。
 4打数無安打(見逃し三振、一ゴロ、二ゴロ、空振り三振)だった。

○バファロー 10-8 スクラントン(現地時間4月6日の試合)

 7番セカンドで先発出場。
 3打数1安打3打点(見逃し三振、右本(3)、四球、二ゴロ)だった。
 3対3と同点の4回表、右中間へ飛び込む今季第1号のスリーランホームランを放った!

--------------------------

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

 登板機会なし。

==========================

<AA>

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○Corpus Christi 5-2 アマリロ(現地時間4月4日の試合)

 5回裏、5点を奪われなおも2死満塁の場面から3番手で登板。
 ピンチの場面からでの登板も、ショートフライに打ち取りピンチを切り抜けた。
 6回裏もマウンドへ上がり、きっちり3者凡退に抑えた。

 投球記録;1回1/3を無安打無失点。

○Corpus Christi 2x-1 アマリロ(現地時間4月6日の試合)
        [延長10回]

 1点ビハインドの7回裏から2番手で登板。
 2回を無安打無失点3奪三振だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年4月6日の試合)

2019年4月7日 日曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 5x-4 レッドソックス

 4対3と1点リードの7回表から3番手で登板。
 先頭打者にフォアボールを与えてしまうと、ワンアウト後にヒットで1死1,3塁とピンチを招いたところで降板となった。
 
 その後2死満塁となり、犠牲フライで同点に追いつかれてしまった。
 試合は9回裏2死2塁の場面からケリー選手のタイムリーヒットでダイヤモンドバックスがサヨナラ勝ちした!

 投球記録;1/3回を1安打1失点1奪三振1四球。