2019年4月17日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年4月16日の試合)

2019年4月17日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ドジャース 6-1 レッズ

 先発で登板。
 4対1と3点リードの7回表、2者連続三振を奪い2死走者なしの場面だったが、球数が100球に近づき、打順も1番に変えるのも影響したのか、ここで勝利投手の権利を持って降板した。

 7回裏に打線がダメ押しの2点を奪い、リリーフ陣も無失点継投でドジャースが勝利。
 今季3勝目を挙げた!!(3勝1敗)
 
 投球記録;6回2/3を4安打1失点5奪三振3四球。球数(98)

 打席記録;3打数無安打(二ゴロ、右飛、空振り三振)

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ブレーブス 6-9 ダイヤモンドバックス

 5対6と1点リードで迎えた7回裏、同点に追いつかれ2死1塁の場面から4番手で登板。
 空振り三振で7回を抑えると8回裏もマウンドへ。
 先頭打者にツーベースヒットで得点圏にランナーを背負うも、味方の好守もあり無失点で切り抜けた。
 
 9回表に打線が3点を奪って勝ち越しに成功。9回裏を5番手で登板したホランド投手が締めてダイヤモンドバックスが勝利。平野投手が勝利投手となった!(1勝1敗)

 投球記録;1回1/3を1安打無失点1奪三振。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間4月14日~16日の試合)

2019年4月17日 水曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○スクラントン 9-5 バファロー(現地時間4月14日の試合)

 6番ショートで先発出場。
 4打数2安打1打点(中安(1)、中2、空振り三振、二ゴロ)だった。

○スクラントン 6x-5 リーハイバレー(現地時間4月15日の試合)
      [延長10回]

 6番ファーストで先発出場。
 4打数無安打(二ゴロ、二飛、見逃し三振、左飛)だった。
 9回表の守備からセカンドに回った。

--------------------------

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

 登板機会なし。

==========================

<AA>

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○アマリロ 5-13 Corpus Christi(現地時間4月14日の試合)

 4対10と6点ビハインドの8回表から5番手で登板。
 1回を3安打3失点1奪三振だった。

海外サッカー:ベルギー・ジュピラーリーグ/プレーオフ試合情報(第4戦)2018-19シーズン

2019年4月17日 水曜日

≪ベルギー・ジュピラーリーグ≫(プレーオフ第4戦)2018-2019シーズン

<プレーオフ1/リーグ1位から6位>[]内はレギュラーシーズンの順位

伊東 純也(ゲンク:ベルギー)/ ポジション:MF

 ゲンク[1位] 3-1 クラブ・ブルージュ[2位](現地時間4月14日の試合)

 4-3-3の右ウィングで先発フル出場した。

==========================

<プレーオフ2>[]内はレギュラーシーズンの順位
※1部リーグ7位から15位、2部の3チームが2組に分かれて対戦する。

〔A組〕

森岡 亮太(シャルルロワ:ベルギー)/ ポジション:MF

 シャルルロワ[1部9位] 2-0 ウェスターロ[2部4位](現地時間4月14日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

--------------------------

 シント・トロイデン[1部7位] 1-0 オーステンデ[1部14位](現地時間4月13日の試合)

遠藤 航(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:MF

 3-4-2-1のダブルボランチの1角で先発フル出場。
 後半12分、コーナーキックからのボールをヘディングで落としてディアロ選手の先制ゴールをアシストした!

鎌田 大地(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:MF

 3-4-2-1の2シャドーの1角で先発フル出場した。

冨安 健洋(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:DF

 3-4-2-1の3バックの1角で先発フル出場した。

関根 貴大(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:MF

 3-4-2-1の左ウィングバックで先発出場。
 1点リードの後半43分に交代した。

木下 康介(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:FW

 ベンチ入りするも出番は無かった。

--------------------------

豊川 雄太(オイペン:ベルギー)/ ポジション:FW

 ウィルレイク[2部2位] 2-0 オイペン[1部12位](現地時間4月13日の試合)

  4-3-3の3トップの1角で先発フル出場した。

==========================

〔B組〕

植田 直通(セルクル・ブルージュ:ベルギー)/ ポジション:DF

 セルクル・ブルージュ[1部13位] 3-2 ベフェレン[1部15位](現地時間4月13日の試合)

 4-3-3のセンターバックの1角で先発フル出場した。

海外サッカー:ポルトガル・プリメイラリーガ試合情報(第29節)2018-19シーズン

2019年4月17日 水曜日

≪ポルトガル・プリメイラリーガ≫(第29節)2018-2019シーズン

権田 修一(ポルティモネンセ:ポルトガル)/ ポジション:GK

 ポルティモネンセ 0-3 ポルト(現地時間4月13日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

海外サッカー:オランダ・エールディビジ試合情報(第30節)2018-19シーズン

2019年4月17日 水曜日

≪オランダ・エールディビジ≫(第30節)2018-2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 ヘーレンフェーン 1-1 フローニンゲン(現地時間4月14日の試合)

小林 祐希(ヘーレンフェーン:オランダ)/ ポジション:MF

 4-3-3の左インサイドハーフで先発出場。
 1対1と同点の後半34分に交代した。
 なお後半14分にイエローカードをもらっている(累積3枚目)

堂安 律(フローニンゲン:オランダ)/ ポジション:MF

 4-4-2の右サイドハーフで先発出場。
 1点ビハインドの後半7分に交代した。

板倉 滉(フローニンゲン:オランダ)/ ポジション:MF

 ベンチ入りするも出番は無かった。

※小林選手と堂安選手の日本人対決が実現!
 マッチアップのシーンでは、小林選手が堂安選手からボール奪取に成功し、カウンターを仕掛ける場面もあった。
 しかし、攻撃面で両選手ともに見せ場を作れることができず、途中交代となった。

**************************

中山 雄太(ズウォレ:オランダ)/ ポジション:DF

 ヴィレムⅡ 2-0 ズウォレ(現地時間4月14日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

海外サッカー:トルコ・スュペルリグ試合情報(第28節)2018-19シーズン

2019年4月17日 水曜日

≪トルコ・スュペルリグ≫(第28節)2018-2019シーズン

長友 佑都(ガラタサライ:トルコ)/ ポジション:DF

 フェネルバフチェ 1-1 ガラタサライ(現地時間4月14日の試合)

 怪我(左膝靭帯損傷)から復帰し、ベンチ入りするも出番は無かった。

--------------------------

香川 真司(ベシクタシュ:トルコ)/ ポジション:MF

 ベシクタシュ 2-1 イスタンブール(現地時間4月13日の試合)

 2対1と1点リードの後半16分から途中出場した。