2019年5月 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月30日の試合)

2019年5月31日 金曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 マリナーズ 3-9 エンゼルス

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回から連続フォアボールで無死1,2塁とピンチを招くと、タイムリーヒットであっさり先制を許してしまう。
 
 2回には、この回の先頭打者にホームランで1点を失うと、その後1死1,3塁となりタイムリーヒットでさらに1点を失う。
 3回にはツーランホームランを浴びてしまい、立ち直るきっかけが見えない。

 4回表には1死1,2塁から2点タイムリーツーベースヒットを浴び、6点ビハインドとなったところで降板。2試合連続のノックアウトとなった。
 菊池投手は、今季3敗目を喫した(3勝3敗)

 投球記録;3回1/3を10安打6失点2四球。球数(73)

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 先発を外れ、代打での出番もなく日本人対決は実現しなかった。

**************************

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ロッキーズ 11x-10 ダイヤモンドバックス
      [延長10回]
 
 10対10と同点の10回裏から7番手で登板。
 2死1,3塁とサヨナラのピンチを招くと、マーフィー選手にタイムリーヒットを許しサヨナラ負け。
 平野投手に黒星がついた(1勝3敗1セーブ)

 投球記録;2/3回を2安打1失点1奪三振1四球。

海外サッカー:アメリカ女子サッカー/NWSL試合情報(第7節)2019シーズン

2019年5月31日 金曜日

≪アメリカ女子サッカー/NWSL≫(第7節)2019シーズン

川澄 奈穂美(スカイ・ブルー:アメリカ)/ ポジション:MF

 スカイ・ブルー 0-1 ポートランド・ソーンズ(現地時間5月25日の試合) 

 4-1-4-1の右インサイドハーフで先発出場。
 1点ビハインドの後半33分に交代した。

-------------------------------------------

永里 優季(シカゴ・レッドスターズ:アメリカ)/ ボジション:FW

 シカゴ・レッドスターズ 0-2 ワシントン・スピリット(現地時間5月26日の試合) 

 4-2-3-1の右MFで先発フル出場。
 しかし、前半9分にオウンゴールで先制点を与えてしまった。

-------------------------------------------

宇津木 瑠美(レイン:アメリカ)/ ポジション:MF

 レイン 2-1 ノースカロライナ・カレッジ(現地時間5月27日の試合) 

 2019フランス女子W杯に出場する日本代表に合流しているため、ベンチ入りメンバーから外れた。

海外サッカー:タイ・リーグ1試合情報(第12節)2019シーズン

2019年5月31日 金曜日

≪タイ・リーグ1≫(第12節)2019シーズン

細貝 萌(ブリーラム・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:MF

 ブリーラム・ユナイテッド 1-0 ムアントン(現地時間5月26日の試合)

 3-5-2のアンカーで先発出場。
 スコアレスの後半28分に交代した。
 なお後半13分にイエローカードをもらっている(累積3枚目)

--------------------------

ハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:FW

 バンコク・ユナイテッド 2-1 パタヤ・ユナイテッド (現地時間5月26日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月29日の試合)

2019年5月30日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 アスレチックス 7-12 エンゼルス
       [延長11回]

 3番指名打者で先発出場。
 5打数1安打(四球、三失、空振り三振、四球、右安、空振り三振、見逃し三振)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ロッキーズ 5-4 ダイヤモンドバックス

 5対4と1点ビハインドの6回裏から3番手で登板。
 1回を無安打無失点1四球だった。

海外サッカー:ロシア・プレミアリーグ試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年5月30日 木曜日

≪ロシア・プレミアリーグ≫(最終節)2018-2019シーズン

西村 拓真(CSKAモスクワ:ロシア)/ ポジション:FW

 CSKAモスクワ 6-0 クリリヤ・ソヴェトフ(現地時間5月26日の試合)

 4点リードの後半13分から途中出場した。

※リーグ戦を4位[14勝7敗9分;勝ち点51]で終えた。

海外サッカー:スイス2部リーグ試合情報(第35節)2018-19シーズン

2019年5月30日 木曜日

<スイス:2部リーグ>(第35節)2018-2019シーズン

ハーフナー・ニッキ(ヴィル:スイス2部)/ ポジション:DF

 Schaffhausen 2-0 ヴィル(現地時間5月23日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

海外サッカー:オーストラリア・ブンデスリーガ/プレーオフ試合情報(最終戦)2018-19シーズン

2019年5月30日 木曜日

≪オーストリア・ブンデスリーガ≫ (プレーオフ最終戦)2018-19シーズン

<Championship Round / 1位から6位> []内はレギュラーシーズンの順位

南野 拓実(ザルツブルク:オーストリア)/ ポジション:MF

 ザルツブルク[1位] 7-0 ザンクト・ペルテン[6位](現地時間5月26日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

==========================

<Relegation Round / 7位から12位>[]内はレギュラーシーズンの順位

財前 淳(インスブルック:オーストリア)/ ポジション:MF

 インスブルク[12位] 4-0 マッタースブルク[7位](現地時間5月25日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月28日の試合)

2019年5月29日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ヤンキース 4-5 パドレス

 先発で登板。
 初回、先頭打者を味方のエラーで出塁を許してしまうと、連打でいきなり先制点を奪われてしまう。
 無死1,2塁となり4番ホスマー選手にスリーランホームランを浴びてしまい、いきなり4失点と崩れてしまった。

 2回以降は立ち直り、毎回ランナーは出すものの粘りのピッチングで得点を与えない。
 
 1対4と3点ビハインドの6回表、3連打で1点を失ってしまうも、続く1死1,2塁のピンチはダブルプレーに抑え、6回を投げ切って降板した。

 打線が7回裏に3点を返し、4対5と1点差に迫るも反撃もここまで。
 初回の失点が大きく響いてチームは敗戦。田中投手に黒星がついた(3勝4敗)

 投球記録;6回を9安打5失点7奪三振3四死球。球数(100球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 アスレチックス 4-6 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 5打数2安打2打点(二ゴロ、二安、二ゴロ、見逃し三振、右安(2))だった。