2019年5月 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月30日の試合)

2019年5月31日 金曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 マリナーズ 3-9 エンゼルス

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回から連続フォアボールで無死1,2塁とピンチを招くと、タイムリーヒットであっさり先制を許してしまう。
 
 2回には、この回の先頭打者にホームランで1点を失うと、その後1死1,3塁となりタイムリーヒットでさらに1点を失う。
 3回にはツーランホームランを浴びてしまい、立ち直るきっかけが見えない。

 4回表には1死1,2塁から2点タイムリーツーベースヒットを浴び、6点ビハインドとなったところで降板。2試合連続のノックアウトとなった。
 菊池投手は、今季3敗目を喫した(3勝3敗)

 投球記録;3回1/3を10安打6失点2四球。球数(73)

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 先発を外れ、代打での出番もなく日本人対決は実現しなかった。

**************************

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ロッキーズ 11x-10 ダイヤモンドバックス
      [延長10回]
 
 10対10と同点の10回裏から7番手で登板。
 2死1,3塁とサヨナラのピンチを招くと、マーフィー選手にタイムリーヒットを許しサヨナラ負け。
 平野投手に黒星がついた(1勝3敗1セーブ)

 投球記録;2/3回を2安打1失点1奪三振1四球。

海外サッカー:アメリカ女子サッカー/NWSL試合情報(第7節)2019シーズン

2019年5月31日 金曜日

≪アメリカ女子サッカー/NWSL≫(第7節)2019シーズン

川澄 奈穂美(スカイ・ブルー:アメリカ)/ ポジション:MF

 スカイ・ブルー 0-1 ポートランド・ソーンズ(現地時間5月25日の試合) 

 4-1-4-1の右インサイドハーフで先発出場。
 1点ビハインドの後半33分に交代した。

-------------------------------------------

永里 優季(シカゴ・レッドスターズ:アメリカ)/ ボジション:FW

 シカゴ・レッドスターズ 0-2 ワシントン・スピリット(現地時間5月26日の試合) 

 4-2-3-1の右MFで先発フル出場。
 しかし、前半9分にオウンゴールで先制点を与えてしまった。

-------------------------------------------

宇津木 瑠美(レイン:アメリカ)/ ポジション:MF

 レイン 2-1 ノースカロライナ・カレッジ(現地時間5月27日の試合) 

 2019フランス女子W杯に出場する日本代表に合流しているため、ベンチ入りメンバーから外れた。

海外サッカー:タイ・リーグ1試合情報(第12節)2019シーズン

2019年5月31日 金曜日

≪タイ・リーグ1≫(第12節)2019シーズン

細貝 萌(ブリーラム・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:MF

 ブリーラム・ユナイテッド 1-0 ムアントン(現地時間5月26日の試合)

 3-5-2のアンカーで先発出場。
 スコアレスの後半28分に交代した。
 なお後半13分にイエローカードをもらっている(累積3枚目)

--------------------------

ハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:FW

 バンコク・ユナイテッド 2-1 パタヤ・ユナイテッド (現地時間5月26日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月29日の試合)

2019年5月30日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 アスレチックス 7-12 エンゼルス
       [延長11回]

 3番指名打者で先発出場。
 5打数1安打(四球、三失、空振り三振、四球、右安、空振り三振、見逃し三振)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ロッキーズ 5-4 ダイヤモンドバックス

 5対4と1点ビハインドの6回裏から3番手で登板。
 1回を無安打無失点1四球だった。

海外サッカー:ロシア・プレミアリーグ試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年5月30日 木曜日

≪ロシア・プレミアリーグ≫(最終節)2018-2019シーズン

西村 拓真(CSKAモスクワ:ロシア)/ ポジション:FW

 CSKAモスクワ 6-0 クリリヤ・ソヴェトフ(現地時間5月26日の試合)

 4点リードの後半13分から途中出場した。

※リーグ戦を4位[14勝7敗9分;勝ち点51]で終えた。

海外サッカー:スイス2部リーグ試合情報(第35節)2018-19シーズン

2019年5月30日 木曜日

<スイス:2部リーグ>(第35節)2018-2019シーズン

ハーフナー・ニッキ(ヴィル:スイス2部)/ ポジション:DF

 Schaffhausen 2-0 ヴィル(現地時間5月23日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

海外サッカー:オーストラリア・ブンデスリーガ/プレーオフ試合情報(最終戦)2018-19シーズン

2019年5月30日 木曜日

≪オーストリア・ブンデスリーガ≫ (プレーオフ最終戦)2018-19シーズン

<Championship Round / 1位から6位> []内はレギュラーシーズンの順位

南野 拓実(ザルツブルク:オーストリア)/ ポジション:MF

 ザルツブルク[1位] 7-0 ザンクト・ペルテン[6位](現地時間5月26日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

==========================

<Relegation Round / 7位から12位>[]内はレギュラーシーズンの順位

財前 淳(インスブルック:オーストリア)/ ポジション:MF

 インスブルク[12位] 4-0 マッタースブルク[7位](現地時間5月25日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月28日の試合)

2019年5月29日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ヤンキース 4-5 パドレス

 先発で登板。
 初回、先頭打者を味方のエラーで出塁を許してしまうと、連打でいきなり先制点を奪われてしまう。
 無死1,2塁となり4番ホスマー選手にスリーランホームランを浴びてしまい、いきなり4失点と崩れてしまった。

 2回以降は立ち直り、毎回ランナーは出すものの粘りのピッチングで得点を与えない。
 
 1対4と3点ビハインドの6回表、3連打で1点を失ってしまうも、続く1死1,2塁のピンチはダブルプレーに抑え、6回を投げ切って降板した。

 打線が7回裏に3点を返し、4対5と1点差に迫るも反撃もここまで。
 初回の失点が大きく響いてチームは敗戦。田中投手に黒星がついた(3勝4敗)

 投球記録;6回を9安打5失点7奪三振3四死球。球数(100球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 アスレチックス 4-6 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 5打数2安打2打点(二ゴロ、二安、二ゴロ、見逃し三振、右安(2))だった。

海外サッカー:ベルギー・ジュピラーリーグ/プレーオフ2(決勝)2018-19シーズン

2019年5月29日 水曜日

≪ベルギー・ジュピラーリーグ≫(プレーオフ2/決勝)2018-2019シーズン

森岡 亮太(シャルルロワ:ベルギー)/ ポジション:MF

 アントワープ 3-2 シャルルロワ (現地時間5月26日の試合)

 3-5-2のトップ下で先発出場。
 3対2と1点ビハインドの後半29分に交代した。

※チームは敗れ、来期EL本大会予選2回戦からの出場権を逃した。

海外サッカー:トルコ・スュペルリグ試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年5月29日 水曜日

≪トルコ・スュペルリグ≫(最終節)2018-2019シーズン

長友 佑都(ガラタサライ:トルコ)/ ポジション:DF

 シバス 4-3 ガラタサライ(現地時間5月24日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

※リーグ優勝[20勝5敗9分;勝ち点69]を果たした!!
 来季UEFAチャンピオンズリーグ本大会(グループリーグ)への出場権を獲得!

--------------------------

香川 真司(ベシクタシュ:トルコ)/ ポジション:MF

 ベシクタシュ 3-2 カスムパシャ(現地時間5月24日の試合)

 4-1-4-1-の右インサイドハーフで先発出場。
 3対2と1点リードの後半35分に交代した。

※リーグ3位[19勝7敗8分;勝ち点65]で終えた。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月27日の試合)

2019年5月28日 火曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 アスレチックス 8-5 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 4打数1安打(二ゴロ、投ゴロ、空振り三振、中安)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ロッキーズ 4x-3 ダイヤモンドバックス
     [延長11回]

 1対3と2点リードの7回裏から2番手で登板。
 しかし、ヒットとフォアボールで2死1,2塁となったところで降板。
 後を継いだリリーフ陣が2死満塁から2点タイムリーヒットを許して平野投手が出した走者が生還し、同点に追いつかれてしまった。

 投球記録;2/3回を1安打2失点1四球。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間5月24日~27日の試合)

2019年5月28日 火曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○シュラキュース 5-6 スクラントン(現地時間5月24日の試合)

 8番セカンドで先発出場。
 4打数無安打(見逃し三振、投併、中飛、空振り三振)だった。

○シュラキュース 9-5 スクラントン(現地時間5月27日の試合)

 8番セカンドで先発出場。
 4打数無安打(二ゴロ、左飛、空振り三振、空振り三振)だった。

--------------------------

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

○ニューオーリンズ 6-3 アイオワ(現地時間5月25日の試合)

 5対3と2点ビハインドの6回裏から2番手で登板。
 この回の先頭打者をファールフライに打ち取るも、味方がまさかの落球。結局この打者をフォアボールでランナーとして出すと、その後デットボールもあり2死1,2塁とピンチを招いてしまい、タイムリーヒットで1点を失ってしまった。

 投球記録;1回を1安打無失点1奪三振2四死球。

==========================

<AA>

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○アマリロ 10x-8 Midland(現地時間5月24日の試合)

 8対3と5点リードの9回表、5点差を追いつかれなおも1死満塁の場面から6番手で登板。
 1打勝ち越しの場面からの登板となるも、空振り三振、ショートゴロに抑えて同点のまま9回裏へ。
 9回裏、Brad Zunica選手のツーランホームランでサヨナラ勝ちし、牧田投手が勝利投手となった!!(2勝1敗)
 
 投球記録;2/3回を無安打無失点1奪三振。

○アマリロ 13-8 Midland(現地時間5月26日の試合)

 5点ビハインドの4回表、3点を追加されなおも2死1,2塁の場面から3番手で登板。
 センターフライに打ち取りピンチを切り抜けた。
 
 5回以降も続投し、ランナーは出すも得点を与えない。
 すると打線が1対8と7点ビハインドの5回裏に一挙6点を奪って1点差に詰め寄ると、6回裏にまたも打線が爆発し6点を奪って逆転に成功!
 牧田投手は7回まで投げ切り無失点と好投し、13対8と5点リードで勝利投手の権利を持って降板。今季3勝目が転がり込んだ!!(3勝1敗)
 
 投球記録;3回1/3を2安打無失点1奪三振。

海外サッカー:フランス・リーグアン試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年5月28日 火曜日

≪フランス・リーグアン≫(最終節)2018-2019シーズン

酒井 宏樹(マルセイユ:フランス)/ ポジション:DF

 マルセイユ 1-0 モンペリエ(現地時間5月24日の試合)

 4-3-3の右サイドバックで先発フル出場した。

※リーグ戦を5位(18勝13敗7分;勝ち点61)で終えた。

--------------------------

川島 永嗣(ストラスブルク:フランス)/ ポジション:GK

 ナント 0-1 ストラスブルク(現地時間5月24日の試合)

 先発フル出場した[移籍後公式戦初出場/フォーメーション;3-5-2]

※リーグ戦を11位(11勝11敗16分;勝ち点49)で終えた。

--------------------------

昌子 源(トゥールーズ:フランス)/ ポジション:DF

 ディジョン 2-1 トゥールーズ(現地時間5月24日の試合)

 4-3-3のセンターバックの1角で先発フル出場した。

※リーグ戦を16位(8勝16敗14分;勝ち点38)で終えた。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月26日の試合)

2019年5月27日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 パイレーツ 7-11 ドジャース

 10日間の負傷者リストから復帰し、先発で登板。
 初回は3者凡退に抑える順調な滑り出し。しかし、1点を先制してもらって迎えた2回裏、無死1塁の場面でツーランホームランを浴びてしまい逆転を許してしまう。

 その後は立ち直り、4回まではスコアは動かず投手戦が展開される。
 
 5回表打線が3点を奪って逆転に成功。しかしその裏、前田投手は2死走者なしからソロホームランを浴びて1点差に迫られる。前田投手は5回を投げ切り、勝利投手の権利をもって降板。
 
 試合は6回以降、ドジャース打線が6点を奪いリードを広げ、その裏にパイレーツ打線が3点を返し、乱打戦の様相となるも、ドジャースがリードを守り切って勝利し、前田投手が勝利投手となった!!(6勝2敗)

 投球記録;5回を5安打3失点4奪三振。球数(81)

 打席記録;1打数無安打(犠打、犠打、二ゴロ)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 7-6 レンジャーズ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打1打点(投ゴロ、中飛、一ゴロ、中犠飛(1))だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ジャイアンツ 2-6 ダイヤモンドバックス

 1対6と5点リードの7回裏、1点を返されなおも2死1塁の場面から3番手で登板。
 ショートゴロに抑えて無失点で切り抜けた。

 投球記録;1/3回を無安打無失点。

海外サッカー:UAE・アラビアンガルフリーグ試合情報(第25節)2018-19シーズン

2019年5月27日 月曜日

≪UAE・アラビアンガルフリーグ≫(第25節)2018-2019シーズン

塩谷 司(アル・アイン:UAE)/ ポジション:DF

 アル・アイン 5-1 アル・ワスル(現地時間5月15日の試合) 

 先発フル出場した。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月25日の試合)

2019年5月26日 日曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 8-6 レッズ

 先発で登板。
 初回から連打で1死1,2塁と得点圏にランナーを進めてしまうも、後続を打ち取り得点を与えない。
 しかし、2回表1死2塁の場面でツーランホームランを浴びてしまい先制点を与えてしまう。

 3回、4回はランナーは出すも無失点に抑える粘りのピッチング。
 1対2と1点ビハインドの4回裏、打線が爆発し一挙4点を奪って逆転に成功する。

 だが勝ち投手の権利がかかる5回表、ヒットと暴投で無死2塁とピンチを招くと、タイムリーヒットで1点を返される。
 その後2死走者なしからソロホームランを浴びてしまい、この回2失点で1点差に迫られる。

 5回裏に打線が1点を追加するも、6回表に2死2塁からタイムリーヒットで1点を返され、再び1点差に。

 7回表はこの試合初の3者凡退に抑えたが、8回表、この回の先頭打者に同点のソロホームランを浴びてしまう。
 後続にもヒットを許し、無死1塁となったところで降板した。

 投球記録;7回0/3を12安打6失点5奪三振2四球。球数(108)「勝敗つかず」

 打席記録;3打数無安打(捕ゴロ、空振り三振、空振り三振)

--------------------------

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 アスレチックス 6-5 マリナーズ

 先発で登板。
 初回、先頭打者にいきなりヒットを打たれてしまうも、後続を併殺打に抑えて良い立ち上がりかと思われたが、2死走者なしからソロホームランを浴びてしまい、先制点を与えてしまう。

 2回はランナーを出すも無失点に抑え、3回表に打線が同点に追いつき、3回裏の投球に注目となるが、2本のヒットとフォアボールで2死満塁とピンチを招くと、内野安打で1点を失い勝ち越しを許してしまった。

 4回表に打線が再び同点に追いつくのも束の間、4回裏に1死1,2塁とピンチを招くとタイムリーヒットで1点を勝ち越され、さらに2点タイムリーツーベースヒットでこの回3失点。5対2と3点ビハインドとなり2死2塁となったところで降板した。

 試合は6対3と3点ビハインドの9回表に打線が2点を返すも反撃もここまで。
 菊池投手は今季2敗目を喫した(3勝2敗)

 投球記録;3回1/3を10安打5失点1奪三振2四死球。球数(74)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 3x-2 レンジャーズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数1安打(空振り三振、一安、二ゴロ、遊直)だった。

海外サッカー:オランダ・エールディビジ・ELプレーオフ試合情報(1回戦/2nd)2018-19シーズン

2019年5月26日 日曜日

≪オランダ・エールディビジ≫(ELプレーオフ1回戦/セカンドレグ)2018-2019シーズン

 フィテッセ[5位] 3-1 フローニンゲン[8位](現地時間5月21日の試合)

堂安 律(フローニンゲン:オランダ)/ ポジション:MF

 4-4-2の右サイドハーフで先発フル出場した。

板倉 滉(フローニンゲン:オランダ)/ ポジション:MF

 ベンチ入りするも出番は無かった。

※2戦合計3対4で敗れ、ELプレーオフ1回戦敗退。

海外サッカー:ベルギー・ジュピラーリーグ/プレーオフ2(準決勝)2018-19シーズン

2019年5月26日 日曜日

≪ベルギー・ジュピラーリーグ≫(プレーオフ2/準決勝)2018-2019シーズン

森岡 亮太(シャルルロワ:ベルギー)/ ポジション:MF

 コルトレイク[B部1位] 1-2 シャルルロワ[A組1位](現地時間5月22日の試合)

 3-4-2-1のワントップで先発出場。
 1対2と1点リードの後半34分に交代した。

※決勝進出を決めた!
 現地時間5月26日に、プレーオフ1で3位のアントワープと対戦する。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月24日の試合)

2019年5月25日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 3-4 レンジャーズ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打(四球、一ゴロ、一直、一ゴロ)だった。

サッカー:AFCチャンピオンズリーグ試合情報[グループステージ最終戦]2019シーズン

2019年5月25日 土曜日

≪ACL≫[グループステージ最終戦]2019シーズン ※海外クラブに所属する日本人選手

(グループC)

中島 翔哉(アル・ドゥハイル:カタール)/ ポジション:MF

 アル・ドゥハイル 2-2 アル・ヒラル(サウジアラビア)(現地時間5月20日の試合)

 4-4-2の2トップの1角で先発出場。
 2対2と同点の後半17分に交代した。

※グループ2位[2勝1敗3分;勝ち点9]で、決勝トーナメント進出!

塩谷 司(アル・アイン:UAE)/ ポジション:DF

 アル・アイン 1-2 エステグラル(イラン)(現地時間5月20日の試合)

 4-4-2のセンターバックの1角で先発フル出場した。

※グループ最下位[0勝4敗2分;勝ち点2]で、敗退。

--------------------------

(グループF)

本田 圭佑(メルボルンビクトリー:オーストラリア)/ ポジション:MF

 メルボルン・ビクトリー 1-3 サンフレッチェ広島(現地時間5月22日の試合) 

 4-4-2の右インサイドハーフで先発フル出場した。

※グループ最下位[0勝5敗1分;勝ち点1]で、敗退。

--------------------------

(グループG)

細貝 萌(ブリーラム・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:MF

 全北現代(韓国) 0-0 ブリーラム(現地時間5月21日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

※グループ最下位[1勝4敗1分;勝ち点4]で、敗退。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月23日の試合)

2019年5月24日 金曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 オリオールズ 5-6 ヤンキース

 先発で登板。
 初回は無失点で切り抜けるも、2回裏に連打とフォアボールで無死満塁のピンチを招く。
 内野ゴロの間に1点を先制されるも最少失点で切り抜けた。

 3回にツーアウトからスリーベースヒットでピンチを迎えるも、後続を空振り三振に切って取る。
 4回以降は2塁を踏ませない圧巻の投球を披露。
 
 打線も5回に1点を返して同点に追いつくと、6回に2点を勝ち越した。
 田中投手は6回を投げ切って勝利投手の権利を持って降板。

 しかし、1対5とヤンキース4点リードの8回裏、1点を返されなおも1死1,2塁の場面で同点スリーランホームランを浴びてしまい、この瞬間田中投手の白星は消滅。
 試合は9回表にヤンキースが1点を勝ち越し、逃げ切って接戦を制した。

 投球記録;6回を5安打1失点5奪三振1四球。球数(95球)「勝敗つかず」

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間5月20日~23日の試合)

2019年5月24日 金曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

※AAトレントンから、AAAスクラントンに昇格!

○スクラントン 8-6 ポータケット(現地時間5月22日の試合)

 9番セカンドで先発出場。
 2打数無安打(一ゴロ、一ゴロ、四球、四球)だった。

○スクラントン 10-8 ポータケット(現地時間5月23日の試合)

 9番サードで先発出場。
 4打数無安打(空振り三振、空振り三振、中飛、三振)だった。

--------------------------

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

○オマハ 3-5 アイオワ(現地時間5月22日の試合)

 1対5と4点リードの6回裏から2番手で登板。
 1回を1安打無失点1奪三振1四球だった。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○トレントン 6-2 Portland(現地時間5月20日の試合/ダブルヘッダー第1試合)

 8番セカンドで先発出場。
 2打数1安打1盗塁(四球、右飛、右安)だった。

○トレントン 4-3 Portland(現地時間5月20日の試合/ダブルヘッダー第2試合)

 2番サードで先発出場。
 3打数1安打1打点(四球、右安(1)、見逃し三振、捕邪飛)だった。

--------------------------

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○アマリロ 1-6 Corpus Christi(現地時間5月21日の試合)

 1点ビハインドの5回表、1点を追加されなおも2死2塁の場面から2番手で登板。
 しかしタイムリーツーベースヒットでさらに1点を追加されてしまう。
 その後2死3塁となるも、これ以上の得点を与えなかった。
 
 5回裏に打線が1点を返し、1対3と2点ビハインドとなった6回表も引き続きマウンドへ。
 しかし、この回の先頭打者にソロホームランを浴びてしまう。
 その後1死1,2塁とピンチを招いてしまうもダブルプレーで切り抜け、ソロホームランのみの最少失点に抑えた。

 投球記録;1回1/3を4安打1失点1奪三振。

海外サッカー:アメリカ女子サッカー/NWSL試合情報(第6節)2019シーズン

2019年5月24日 金曜日

≪アメリカ女子サッカー/NWSL≫(第6節)2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 レイン 2-1 スカイ・ブルー(現地時間5月18日の試合) 

宇津木 瑠美(レイン:アメリカ)/ ポジション:MF

 ベンチ入りメンバーから外れた。

川澄 奈穂美(スカイ・ブルー:アメリカ)/ ポジション:MF

 4-1-4-1の右サイドハーフで先発フル出場した。

**************************

永里 優季(シカゴ・レッドスターズ:アメリカ)/ ボジション:FW

 ヒューストン・ダッシュ 1-2 シカゴ・レッドスターズ(現地時間5月19日の試合) 

 4-2-3-1の右MFで先発フル出場した。