2019年5月8日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月7日の試合)

2019年5月8日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ヤンキース 5x-4 マリナーズ

 先発で登板。
 2回表にフォアボールとツーベースで無死2,3塁とピンチを招いてしまい、その後1死1,3塁ととなるも犠牲フライで1点を先制されてしまう。
 3回裏に打線が同点に追いてくれたものの、6回表にエンカーナシオン選手にレフトスタンドへ勝ち越しのソロホームランを浴びてしまった。
 田中投手は大きく崩れることはなかったが、1対2と1点ビハインドの7回表1死2塁の場面で降板となった。

 試合は、2対4と2点ビハインドで迎えた9回裏、ツーランホームランで同点に追いつくと、2死2塁と1打サヨナラのチャンスにラメーヒュー選手のタイムリーヒットでヤンキースがサヨナラ勝ちした!

 投球記録;6回1/3を5安打2失点4奪三振2四球。球数(95球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 タイガース 2-5 エンゼルス

 トミージョン手術から復帰し、3番指名打者で先発出場。
 4打数無安打1打点(見逃し三振、遊ゴロ(1)、空振り三振、三直、四球)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 レイズ 6-3 ダイヤモンドバックス

 2対1と1点ビハインドの7回裏から2番手で登板。
 1死1,3塁とピンチを招いてしまうと、ツーベースヒットで1点を失い、1死2,3塁とピンチは続く。
 打ち取った当たりもフィルダースチョイスもあり、さらに1点を失う。
 2死1,3塁とピンチは続き、ファーストへの内野安打で3点目を失ったところで降板となった。

 投球記録;2/3回を4安打3失点1奪三振。

海外サッカー:ベルギー・ジュピラーリーグ/プレーオフ試合情報(第7戦)2018-19シーズン

2019年5月8日 水曜日

≪ベルギー・ジュピラーリーグ≫(プレーオフ第7戦)2018-2019シーズン

<プレーオフ1/リーグ1位から6位>[]内はレギュラーシーズンの順位

伊東 純也(ゲンク:ベルギー)/ ポジション:MF

 ゲンク[1位] 4-0 アントワープ[6位](現地時間5月3日の試合)

 4-4-2の右サイドハーフで先発フル出場。
 2点リードの後半12分、左サイドからのセンタリングに右足で合わせて追加点となるゴールを決めた!!

==========================

<プレーオフ2>[]内はレギュラーシーズンの順位
※1部リーグ7位から15位、2部の3チームが2組に分かれて対戦する。

〔A組〕

 シャルルロワ[1部9位] 2-0 シント・トロイデン[1部7位](現地時間5月4日の試合)

森岡 亮太(シャルルロワ:ベルギー)/ ポジション:MF

 4-3-3の3トップの1角で先発出場。
 2点リードの後半44分に交代した。

遠藤 航(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:MF

 3-4-2-1のダブルボランチの1角で先発フル出場した。

鎌田 大地(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:MF

 3-4-2-1の2シャドーの1角で先発フル出場した。

冨安 健洋(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:DF

 3-4-2-1の3バックの1角で先発フル出場した。

関根 貴大(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:MF

 3-4-2-1の左ウィングバックで先発フル出場した。
 なお後半4分にイエローカードをもらっている。

木下 康介(シント・トロイデン:ベルギー)/ ポジション:FW

 1点ビハインドの後半36分から途中出場した。

--------------------------

豊川 雄太(オイペン:ベルギー)/ ポジション:FW

 オイペン[1部12位] 3-2 オーステンデ[1部14位](現地時間5月4日の試合)

 4-2-3-1のワントップで先発フル出場。
 前半31分、フリーキックから中央に蹴り込まれたセンタリングのボールをヘディングで合わせて先制ゴールを決めた!!
 1対1と同点の後半19分、獲得したPKのキッカーを務めると見事に成功させ勝ち越しゴールとなった!!

==========================

〔B組〕

植田 直通(セルクル・ブルージュ:ベルギー)/ ポジション:DF

 セルクル・ブルージュ[1部13位] 2-3 ユニオン・サン・ジロワーズ[2部3位](現地時間5月4日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

海外サッカー:ポルトガル・プリメイラリーガ試合情報(第32節)2018-19シーズン

2019年5月8日 水曜日

≪ポルトガル・プリメイラリーガ≫(第32節)2018-2019シーズン

権田 修一(ポルティモネンセ:ポルトガル)/ ポジション:GK

 ベンフィカ 5-1 ポルティモネンセ(現地時間5月4日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

海外サッカー:トルコ・スュペルリグ試合情報(第31節)2018-19シーズン

2019年5月8日 水曜日

≪トルコ・スュペルリグ≫(第31節)2018-2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 ガラタサライ 2-0 ベシクタシュ(現地時間5月5日の試合)

長友 佑都(ガラタサライ:トルコ)/ ポジション:DF

 4-1-4-1の左サイドバックで先発フル出場した。

香川 真司(ベシクタシュ:トルコ)/ ポジション:MF

 2点ビハインドの後半30分から途中出場した。
 なお後半アディショナルタイムにイエローカードをもらっている(累積1枚目)

※後半30分から長友選手と香川選手の日本人直接対決がイスタンブールダービーで実現した!
 試合時間残り15分という短い時間で、わずかではあったが長友選手と香川選手がマッチアップする場面も見られた。