2019年5月17日 のアーカイブ

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間5月13日~16日の試合)

2019年5月17日 金曜日

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○インディアナポリス 4-2 スクラントン(現地時間5月14日の試合)

 4対2と2点ビハインドの9回表2死1塁の場面に代打で登板。
 しかし見逃し三振に倒れて、試合終了。

 打席記録;1打数無安打(見逃し三振)

○インディアナポリス 6-5 スクラントン(現地時間5月15日の試合)

 9番サードで先発出場。
 3打数無安打(空振り三振、四球、左飛、中飛)だった。

○インディアナポリス 4-7 スクラントン(現地時間5月16日の試合)

 8番サードで先発出場。
 4打数1安打(一ゴロ、左2、左飛、左飛)だった。

--------------------------

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

○アイオワ 1-8 オマハ(現地時間5月14日の試合)

 1対8と7点ビハインドの8回表から4番手で登板。
 1回を無安打無失点2奪三振だった。

==========================

<AA>

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○アマリロ 8-9 Midland(現地時間5月13日の試合)

 8対5と3点リードの8回表2死1,2塁の場面から3番手で登板。
 しかしタイムリーヒットを浴びてしまい1点を失ってしまう。

 8対6と2点リードで迎えた9回表、この回の先頭打者にソロホームランを浴びてしまい1点差に追い上げられてしまう。
 その後エラーとデットボールで無死1,2塁となり、送りバントの処理を牧田投手の悪送球で、ランナー2者が生還し逆転されてしまう。
 これが決勝点となりチームは敗戦。牧田投手が敗戦投手となった(1勝1敗)

 投球記録;1回1/3を2安打3失点1奪三振1死球。

○Frisco 5x-4 アマリロ(現地時間5月16日の試合)

 3点リードで迎えた3回裏、同点に追いつかれなおも1死満塁の場面から2番手で登板。
 ダブルプレーに仕留めてなんとか同点で切り抜けた。
 
 4回裏もマウンドに上がり無失点で切り抜けるも、5回裏もマウンドへ。
 しかし2死1,2塁と得点圏にランナーを背負うと、タイムリーヒットで勝ち越しを許してしまった。

 投球記録;2回1/3を4安打1失点3奪三振。

海外サッカー:アメリカ女子サッカー/NWSL試合情報(第5節)2019シーズン

2019年5月17日 金曜日

≪アメリカ女子サッカー/NWSL≫(第5節)2019シーズン

川澄 奈穂美(スカイ・ブルー:アメリカ)/ ポジション:MF

 スカイ・ブルー 2-3 ワシントン・スピリット(現地時間5月11日の試合) 

 4-1-4-1の右サイドハーフで先発出場。
 1対3と2点ビハインドの後半28分に交代した。

-------------------------------------------

永里 優季(シカゴ・レッドスターズ:アメリカ)/ ボジション:FW

 シカゴ・レッドスターズ 3-1 ノース・カロライナ・カレッジ(現地時間5月12日の試合) 

 4-2-3-1の右MFで先発出場。
 前半13分、Kerr選手の先制ゴールをアシストした!(今季2アシスト目)
 2対1と1点リードの後半30分に交代した。

海外サッカー:ドイツ女子リーグ戦試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年5月17日 金曜日

≪ドイツ女子サッカー≫(最終節)2018-2019シーズン

猶本 光(フライブルク:ドイツ)/ ボジション:MF

 フライブルク 1-1 ブレーメン(現地時間5月12日の試合)

 先発フル出場した。

※チームはリーグ戦を7位[7勝10敗5分;勝ち点26]で終えた。

海外サッカー:タイ・リーグ1試合情報(第10節)2019シーズン

2019年5月17日 金曜日

≪タイ・リーグ1≫(第10節)2019シーズン

細貝 萌(ブリーラム・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:MF

 ブリーラム・ユナイテッド 2-0 ナコーンラーチャシーマー(現地時間5月11日の試合)

 3-5-2のアンカーで先発フル出場した。
 なお後半25分にイエローカードをもらっている(累積2枚目)

--------------------------

ハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:FW

 チェンマイ 1-1 バンコク・ユナイテッド(現地時間5月12日の試合)

 1対1と同点の後半32分から途中出場した。