2019年5月20日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月19日の試合)

2019年5月20日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 マリナーズ 7-4 ツインズ

 先発で登板。
 1,2回は危なげないピッチングを見せる。
 3回表に2死満塁とピンチを招くも、空振り三振に仕留めて無失点で切り抜ける。

 しかし、4回裏に1点を先制してもらった後の5回表、連続フォアボールと内野安打で無死満塁とピンチを招く。
 自身の悪送球で同点に追いつかれてしまうと、内野ゴロの間に1点リードを奪われてしまう。さらに2死3塁からショートのエラーでさらに1点を奪われ、この回3失点。
 
 だが、5回裏に味方打線が3点を奪って逆転に成功。6回表は立ち直り3者凡退に抑えた。
 菊池選手は6回を投げ切り、勝利投手の権利を持って降板。
 チームは7回裏に3点を奪ってリードを広げると、リリーフ陣も相手の反撃を9回の1点だけに抑え、菊池投手が勝利投手となった(3勝1敗)

 投球記録;6回を5安打3失点6奪三振2四球。球数(93)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 1-5 ロイヤルズ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打(四球、空振り三振、二ゴロ、空振り三振)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 2-3 ジャイアンツ
          [延長10回]

 2対2と同点の10回表から6番手で登板。
 しかし、この回先頭打者の代打として登場したサンドバル選手に勝ち越しのソロホームランを浴びてしまった。
 その後は無失点で切り抜けるも、このホームランが決勝点となり、平野投手が敗戦投手となった(1勝2敗1セーブ)

 投球記録;1回を2安打1失点1奪三振。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間5月17日~19日の試合)

2019年5月20日 月曜日

<AAA>

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

○アイオワ 5-4 ニューオーリンズ(現地時間5月19日の試合)

 5対4と1点リードの6回表から2番手で登板。
 1回を1安打無失点だった。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

※AAAスクラントンから、AAトレントンに降格。

○トレントン 6-2 Binghamton(現地時間5月17日の試合)

 2番指名打者で先発出場。
 3打数2安打(右安、右安、空振り三振、四球、四球)だった。

○トレントン 1-3 Binghamton(現地時間5月18日の試合)

 2番セカンドで先発出場。
 2打数無安打(遊ゴロ、四球、空振り三振、四球)だった。

○トレントン 1-7 Binghamton(現地時間5月19日の試合)

 1番セカンドで先発出場。
 3打数無安打(二ゴロ、見逃し三振、空振り三振、四球)だった。

--------------------------

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○Frisco 5-9 アマリロ(現地時間5月18日の試合)

 5対9と4点リードの9回裏から4番手で登板。
 先頭打者にフォアボールを与えてしまうも、得点を与えず試合を締めくくった。

 投球記録;1回を無安打無失点2奪三振1四球。