2019年5月21日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年5月20日の試合)

2019年5月21日 火曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 4-5 フィリーズ
   [延長10回]

 先発で登板。
 初回から安定した立ち上がりを見せ、5回まで2塁を踏ませないピッチング。

 しかし1点リードの6回表、2つのフォアボールで2死1,2塁とこの試合初めてピンチを招くとタイムリーヒットで同点に追いつかれてしまう。その後盗塁で2死2,3塁となり、走者一掃のタイムリースリーベースヒットでこの回3失点。

 ダルビッシュ投手は6回を投げ切って降板。8回裏に打線が3点を奪って逆転に成功し、ダルビッシュ投手の負けは消える。
 だが、9回表に同点に追いつかれ延長戦に。10回表にソロホームランで勝ち越しを許し、これが決勝点となって敗れた。

 投球記録;6回を4安打3失点7奪三振3四球。球数(95)「勝敗つかず」

 打席記録;1打数無安打(投ゴロ、犠打)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 1-3 ツインズ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打(四球、空振り三振、空振り三振、空振り三振)だった。

海外サッカー:フランス・リーグアン試合情報(第37節)2018-19シーズン

2019年5月21日 火曜日

≪フランス・リーグアン≫(第37節)2018-2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 トゥールーズ 2-5 マルセイユ(現地時間5月18日の試合)

昌子 源(トゥールーズ:フランス)/ ポジション:DF

 4-2-3-1のセンターバックの1角で先発フル出場した。

酒井 宏樹(マルセイユ:フランス)/ ポジション:DF

 4-2-3-1の右サイドバックで先発フル出場。
 1対1と同点の後半5分、左足で勝ち越しゴールを決めた!!(今季初ゴール)
 2対2と同点の後半31分、グランダーのセンタリングからヌジエ選手の勝ち越しゴールをアシストした!(今季4アシスト目)

※現地観戦してきました。詳細はFOOTBALL NOTEに後日掲載します。

**************************

川島 永嗣(ストラスブルク:フランス)/ ポジション:GK

 ストラスブルク 0-2 レンヌ(現地時間5月18日の試合)

 ベンチ入りするも出番は無かった。

海外サッカー:スペイン・ラ リーガ試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年5月21日 火曜日

≪スペイン・ラ リーガ≫(最終節)2018-2019シーズン

乾 貴士(アラベス:スペイン)/ ポジション:MF

 アラベス 2-1 ジローナ(現地時間5月18日の試合)

 怪我(右足首捻挫)のため、ベンチ入りメンバーから外れた。

※リーグ戦を11位[13勝14敗11分;勝ち点50]で終えた。

--------------------------

柴崎 岳(ヘタフェ:スペイン)/ ポジション:MF

 ヘタフェ 2-2 ビジャレアル(現地時間5月18日の試合)

 2対1と1点リードの後半39分から途中出場した。

※リーグ戦を5位[15勝9敗14分;勝ち点59]で終えた。
 来季UEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得(本大会グループステージから出場)

海外サッカー:ドイツ・ブンデスリーガ試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年5月21日 火曜日

≪ドイツ・ブンデスリーガ≫(最終節)2018-2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 デュッセルドルフ 2-1 ハノーファー(現地時間5月18日の試合)

宇佐美 貴史(デュッセルドルフ:ドイツ)/ ポジション:MF 

 ベンチ入りするも出番は無く、日本人対決は実現しなかった。

※チームはリーグ戦を10位[13勝16敗5分;勝ち点44]で終えた。

原口 元気(ハノーファー:ドイツ)/ ポジション:MF

 3-1-4-2の右サイドハーフで先発フル出場した。

浅野 拓磨(ハノーファー:ドイツ)/ ポジション:FW

 ベンチ入りメンバーから外れた。

※チームはリーグ戦を17位[5勝23敗6分;勝ち点21]で終え、来期2部リーグ降格。

**************************

長谷部 誠(フランクフルト:ドイツ)/ ポジション:MF

 バイエルン・ミュンヘン 5-1 フランクフルト(現地時間5月18日の試合)

 3-4-1-2のリベロで先発フル出場した。
 なお後半6分にイエローカードをもらっている(累積4枚目)

※チームはリーグ戦を7位[15勝10敗9分;勝ち点54]で終えた。

--------------------------

大迫 勇也(ブレーメン:ドイツ)/ ポジション:FW

 ブレーメン 2-1 ライプツィヒ(現地時間5月18日の試合)

 4-3-3の3トップの1角で先発出場。
 1点リードの後半29分に交代した。

※チームはリーグ戦を8位[14勝9敗11分;勝ち点53]で終えた。

--------------------------

久保 裕也(ニュルンベルク:ドイツ)/ ポジション:FW

 フライブルク 5-1 ニュルンベルク(現地時間5月18日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

※チームはリーグ戦を18位(最下位)[3勝21敗10分;勝ち点19]で終え、来期2部リーグ降格。