2019年6月6日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年6月5日の試合)

2019年6月6日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 ダイヤモンドバックス 3x-2 ドジャース
          [延長11回]

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 1対2と1点ビハインドの8回表から4番手で登板。
 フォアボールと内野安打で2死1,2塁とピンチを招くも、無失点で切り抜けた。

 投球記録;1回を1安打無失点1四球。

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回を3者凡退に抑えると、2回は圧巻の3者連続三振。3回も3者凡退と序盤は完璧な投球を見せる。

 しかし、2点リードで迎えた4回裏、この回の先頭打者にヒットを許すと、その後2死2塁となり、タイムリーツーベースヒットで1点を返されてしまう。
 
 1対2と1点リードの5回裏に2死3塁と1打同点のピンチを招くも、なんとか踏ん張り無失点で切り抜ける。
 前田投手は5回を投げ切ったところで勝利投手の権利を持って降板。

 試合は、8回裏に同点に追いつかれて延長戦へ。
 2対2の延長11回裏、無死1,3塁の場面でタイムリーヒットを許し、サヨナラ負けを喫した。

 投球記録;5回を2安打1失点7奪三振1四球。球数(70)「勝敗つかず」

 打席記録;2打数1安打(左飛、三安

**************************

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 9-8 ロッキーズ

 先発で登板。
 初回、2死2塁と得点圏にランナーを進めてしまうも、得点を与えず上々の立ち上がり。

 2回、3回は3者凡退に抑えると、4回にツーアウトからフォアボールとヒットで2死1,2塁とピンチを広げてしまうが、空振り三振に切って取り、この回も無失点に抑えた。

 5回は3者凡退に抑えると、5回裏に打線が3点を奪って先制する。
 だが6回表、1死2,3塁とピンチを招くとタイムリーヒットで1点を返されてしまう。

 その後1死1,3塁となったところで勝利投手の権利を持って降板。
 しかし、リリーフ陣が2点を失い同点に追いつかれてしまい、勝利投手の権利がなくなる。

 試合は終盤の打撃戦を制し、カブスが接戦を制した。

 投球記録;5回1/3を3安打3失点5奪三振3四球。球数(95)「勝敗つかず」

 打席記録;2打数無安打(空振り三振、右飛)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 10x-9 アスレチックス

 3番指名打者で先発出場。
 4打数2安打4打点(空振り三振、右安、中本(3)、空振り三振、四球(1))だった。
 5対7と2点ビハインドの4回裏、センターへの逆転スリーランホームランを放った!!(今季第5号)

海外サッカー:スイス2部リーグ試合情報(最終節)2018-19シーズン

2019年6月6日 木曜日

<スイス:2部リーグ>(最終節)2018-2019シーズン

ハーフナー・ニッキ(ヴィル:スイス2部)/ ポジション:DF

 ヴィル 1-2 Chiasso(現地時間5月26日の試合)

 先発フル出場した。

※リーグ戦を5位[10勝14敗12分;勝ち点42]で終えた。

日本代表:国際親善試合/トリニダード・トバゴ戦

2019年6月6日 木曜日

マッチレビュー

日本代表 0-0 トリニダード・トバゴ代表

<スタジアム/現地情報>
スタジアム:豊田スタジアム
観客数  :38,507人
天候   :晴れ
気温   :24.3℃
湿度   :67%

日本代表先発フォーメーション

()内は交代出場した選手

フォーメーション:3-4-2-1
===================

        大迫勇也

  中島翔哉      堂安律
  (南野拓実)     (伊東純也)

長友佑都           酒井宏樹
(原口元気)          (室屋成)

     柴崎岳   守田英正
           (小林祐希)

  畠中槙之輔  昌子源  冨安健洋 

     シュミット・ダニエル

===================

控えメンバー

権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
槙野智章(浦和レッズ)
山中亮輔(浦和レッズ)
室屋成 (FC東京)
香川真司(ベシクタシュ/トルコ)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
伊東純也(ゲンク/ベルギー)
橋本拳人(FC東京)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
永井謙佑(FC東京)

ベンチ外

川島永嗣(ストラスブルク/フランス)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
中山雄太(ズウォレ/オランダ)
久保建英(FC東京)

【日本代表スタッツ】

ボール支配率 :59%
シュート数  :29本
枠内シュート : 9本
パス成功率  :86%(624本)
オフサイド  : 0回
フリーキック :12本
コーナーキック:10本