2019年7月13日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月12日の試合)

2019年7月13日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 4-3 パイレーツ

 先発で登板。
 立ち上がりから完璧な投球で1人もランナーを出さなかった。

 スコアレスで迎えた5回表にワンアウトからこの試合初ヒットを許すも、後続を抑えて得点を与えない。
 6回表に2死1,2塁と初めて得点圏にランナーを背負うも無失点で切り抜けた。

 ダルビッシュ投手は6回を投げ切ったところで降板。
 試合は7回裏にカブスが3点を先制し試合が動き出すと、パイレーツが8回表に同点に追いつかれてしまうも、8回裏に1点を勝ち越しそのまま逃げ切り接戦を制した。

 投球記録;6回を2安打無失点8奪三振1四球。球数(94)「勝敗つかず」

 打席記録;1打数無安打(空振り三振)

--------------------------

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 レッドソックス 8-1 ドジャース

 先発で登板。
 1回裏1死走者なしからディバース選手にソロホームランで先制点を与えてしまう。
 
 2回表に打線が同点に追いつくも2回裏に1死走者なしからバスケス選手にソロホームランを浴びてしまい勝ち越し点を許してしまう。

 3回以降は立ち直り無失点ピッチングを見せるも、2対1と1点ビハインドで迎えた6回裏に2本のツーベースヒットで追加点を与えてしまい、2死2塁となったところで降板となった。

 7回裏にリリーフ陣が5点を失い、打線も2回の1点のみに抑えられチームは敗戦。
 前田投手は6敗目を喫した(7勝6敗)

 投球記録;5回2/3を4安打3失点7奪三振1四球。球数(87球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 13-0 マリナーズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数1安打(左安、四球、空振り三振、左飛、左飛)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 カージナルス 2-4 ダイヤモンドバックス

 1対2と1点リードの7回裏1死走者なしの場面から2番手で登板。
 打者2人を空振り三振、レフトフライに抑えた。

 投球記録;2/3回を無安打無失点1奪三振。

サッカー:日本人選手移籍情報[ポルトガル](2019年7月13日)

2019年7月13日 土曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

中島 翔哉(アル・ドゥハイル:カタール)/ ポジション:MF

 カタール1部リーグのアル・ドゥハイルからポルトガル1部リーグのポルトへ移籍と発表。
 契約期間は2024年6月30日までの5年間。背番号「8」

<補足>
 アル・ドゥハイルとポルトが共同保有する契約体系で、解約金が8,000万ユーロ(約97億円)に設定されたという情報もある。

[クラブ在籍歴]
2012-2013:東京ヴェルディ
2014-2018:FC東京
2014   :カターレ富山(レンタル)
2017-2018:ポルティモネンセ(ポルトガル/レンタル)
2018-2019:ポルティモネンセ(ポルトガル)
2019   :アル・ドゥハイル(カタール)