2019年7月15日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月14日の試合)

2019年7月15日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 エンゼルス 6-3 マリナーズ

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 3番指名打者で先発出場。
 2打数1安打1打点(四球、空振り三振、左犠飛(1)、一安)だった。

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 1点リードで迎えた1回裏2死走者なしから、大谷選手を迎える。
 しかし、フルカウントで迎えた7球目、外角低めに投じた変化球(スライダー)が外れてしまい、フォアボールを与えてしまう。
 後続にもフォアボールを与えてしまい2死1,2塁とピンチを招いたが無失点で切り抜けた。

 だが2点リードで迎えた2回裏、この回先頭のカルフーン選手にソロホームランを浴びてしまう。その後ツーアウトからフォアボールを与えてしまうも、この回は1点に抑える。

 3回裏1死走者なしの場面から、大谷選手が打席に入りこの試合2度目の直接対決。
 ツーボールツーストライクからの6球目、外角低めに投じた変化球(スライダー)で空振り三振に切って取った。

 1対3で迎えた5回裏、フォアボールとヒットで無死1,2塁とピンチを招いたところで交代。
 勝ち投手の権利がかかっていたが無念の降板となった。

 その後菊池投手の後を引き継いだカラシティ投手が無死1,2塁から連続フォアボールで押し出しを与えてしまい1点を失うと、大谷選手に犠牲フライを浴びて同点に追いつかれてしまった。
 
 試合は3対3のまま終盤に入り、8回裏にエンゼルスが3点を奪ってこれが決勝点となった。
 
 投球記録;4回0/3を2安打3失点3奪三振4四球。球数(87球)「勝敗つかず」

**************************

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ヤンキース 4-2 ブルージェイズ

 先発で登板。
 1回表1死2塁といきなり得点圏にランナーを背負ってしまうも、無失点に切り抜ける。

 2点を先制してもらった3回表、1死1,2塁と長打で同点のピンチを招くも無失点で切り抜ける。
 
 しかし5回表、2本のソロホームランで同点に追いつかれてしまう。
 だが5回裏に打線が1点を勝ち越し、6回表は3者凡退に抑え、6回を投げ切ったところで勝利投手の権利を持って降板。
 
 リリーフ陣は無失点リレーでチームを勝利に導き、田中投手が6勝目を挙げた!!(6勝5敗)

 投球記録;6回を4安打2失点5奪三振。球数(79球)

サッカー:日本人選手移籍情報[イタリア](2019年7月15日)

2019年7月15日 月曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

冨安 健洋(シントトロイデン:ベルギー)/ ポジション:DF

 ベルギー1部リーグのシントトロイデンからイタリア1部リーグのボローニャに完全移籍と発表。
 契約期間は5年。移籍金は推定800万ユーロ(約10億円)

[クラブ在籍歴]
2015-2017:アビスパ福岡
2018-2019:シント・トロイデン(ベルギー)