2019年8月15日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年8月14日の試合)

2019年8月15日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 7-4 パイレーツ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数2安打(右安、空振り三振、四球、中安)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ロッキーズ 7x-6 ダイヤモンドバックス

 2対5と3点リードの6回裏から3番手で登板。
 1死2,3塁とピンチを招くと、代打マクマホン選手にレフトスタンドに飛び込む同点スリーランホームランを浴びてしまう。
 さらに2本のヒットとデッドボールで2死満塁と勝ち越しのピンチを招いたが、ショートフライに打ち取りピンチを切り抜けた。

 試合は9回表にダイヤモンドバックスが1点を勝ち越すも、その裏にロッキーズが2点を奪ってサヨナラ負けとなった。

 投球記録;1回を5安打3失点1奪三振1死球。

海外サッカー:オーストリア・ブンデスリーガ試合情報(第3節)2019-20シーズン

2019年8月15日 木曜日

≪オーストリア・ブンデスリーガ≫ (第3節)2019-2020シーズン

 ザルツブルク 5-2 ヴォルフスベルガー(現地時間8月10日の試合)

南野 拓実(ザルツブルク:オーストリア)/ ポジション:MF

 4-4-2の右サイドハーフで先発出場。
 3対2と1点リードの後半34分に交代した。

奥川 雅也(ザルツブルク:オーストリア)/ ポジション:MF

 4-4-2の左サイドハーフで先発出場
 3対1と2点リードの後半26分に交代した。

--------------------------

北川 航也(ラピッド・ウィーン:オーストリア)/ ポジション:FW

 ラピッド・ウィーン 2-1 アルタッハ(現地時間8月10日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

海外サッカー:ベルギー・ジュピラーリーグ試合情報(第3節)2019-20シーズン

2019年8月15日 木曜日

≪ベルギー・ジュピラーリーグ≫(第3節)2019-2020シーズン

森岡 亮太(シャルルロワ:ベルギー)/ ポジション:MF

 シャルルロワ 2-1 アントワープ(現地時間8月11日の試合)

 4-2-3-1のトップ下で先発出場。
 1点リードの後半26分に交代した。

--------------------------

久保 裕也(ヘント:ベルギー)/ ポジション:FW

 ムスクロン 2-1 ヘント(現地時間8月11日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

--------------------------

 シントトロイデン 2-1 スタンダール・リェージュ(現地時間8月11日の試合)

遠藤 航(シントトロイデン:ベルギー)/ ポジション:MF

 2対1と1点リードの後半20分から途中出場した。

シュミット・ダニエル(シントトロイデン:ベルギー)/ ポジション:GK

 先発フル出場した[フォーメーション:3-4-2-1]
 なお後半39分にイエローカードをもらっている(累積1枚目)

鈴木 優磨(シントトロイデン:ベルギー)/ ポジション:FW

 ベンチ入りするも出番は無かった。

--------------------------

伊東 純也(ゲンク:ベルギー)/ ポジション:MF

 ゲンク 0-2 ズルテ・ワレゲム(現地時間8月10日の試合)

 4-2-3-1の右MFで先発フル出場した。

--------------------------

豊川 雄太(オイペン:ベルギー)/ ポジション:FW

 オイペン 1-1 ベフェレン(現地時間8月10日の試合)

 5-3-2の2トップの1角で先発出場。
 1点ビハインドの後半10分、ペナルティエリア外の左サイドで得たフリーキックのキッカーを務めると、角度のないところから直接蹴り込んで同点ゴールを決めた!!(今季初ゴール)
 1対1と同点の後半43分に交代した。

--------------------------

植田 直通(セルクル・ブルージュ:ベルギー)/ ポジション:DF

 セルクル・ブルージュ 1-3 コルトレイク(現地時間8月10日の試合)

 4-3-3のセンターバックの1角で先発出場。
 1対2と1点ビハインドの後半37分に交代した。