海外サッカー:ドイツ・ブンデスリーガ試合情報(第22節)2017-18シーズン

≪ドイツ・ブンデスリーガ≫(第22節)2017-2018シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦(1/2)】

 ドルトムント 2-0 ハンブルガーSV(現地時間2月10日の試合)

香川 真司(ドルトムント:ドイツ)/ ポジション:MF

 4-2-3-1のダブルボランチの1角で先発出場。
 しかし、1点リードの後半17分に左足を痛めて負傷交代となってしまった。

酒井 高徳(ハンブルガーSV:ドイツ)/ ポジション:DF

 3-5-2の右サイドハーフで先発フル出場した。

伊藤 達哉(ハンブルガーSV:ドイツ)/ ポジション:FW

 ベンチ入りメンバーから外れた。

※香川選手と酒井選手の直接対決が実現し、マッチアップする場面も見られた!
 香川選手はいつもより守備的なポジションで起用されていたため、攻撃面であまり効果的なプレーは見れなかった。
 一方、酒井選手は右サイドを攻め上がり、ドルトムントの左サイドを侵入し果敢に勝負を挑んでいた。またキャプテンとしてチームを鼓舞する気迫も見せていた。

--------------------------

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦(2/2)】

 フランクフルト 4-2 ケルン(現地時間2月10日の試合)

長谷部 誠(フランクフルト:ドイツ)/ ポジション:MF

 3-4-2-1のリベロで先発フル出場した。

鎌田 大地(フランクフルト:ドイツ)/ ポジション:MF

 ベンチ入りメンバーから外れた。

大迫 勇也(ケルン:ドイツ)/ ポジション:FW

 コンディション不良のためベンチ入りメンバーから外れた。

**************************

武藤 嘉紀(マインツ:ドイツ)/ ポジション:FW

 ホッフェンハイム 4-2 マインツ(現地時間2月10日の試合)

 3-5-2の2トップの1角で先発フル出場した。

--------------------------

浅野 拓磨(シュツットガルト:ドイツ)/ ポジション:FW

 シュツットガルト 1-0 ボルシア・メンヘングラードバッハ(現地時間2月11日の試合)

 怪我(恥骨炎)のためベンチ入りメンバーから外れた。

コメントは受け付けていません。