海外サッカー:ドイツ・ブンデスリーガ試合情報(第21節)2018-19シーズン

≪ドイツ・ブンデスリーガ≫(第21節)2018-2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 ハノーファー 2-0 ニュルンベルク(現地時間2月9日の試合)

原口 元気(ハノーファー:ドイツ)/ ポジション:MF

 4-4-2の左サイドハーフで先発フル出場した。

浅野 拓磨(ハノーファー:ドイツ)/ ポジション:FW

 ベンチ入りメンバーから外れた。

久保 裕也(ニュルンベルク:ドイツ)/ ポジション:FW

 1点ビハインドの後半31分から途中出場した。

※アジアカップのため日本代表入りしていた原口選手が帰還し先発フル出場。
 ニュルンベルクの久保選手も途中出場し、日本人対決が実現した。
 ウラ天王山となった一戦は、原口選手の所属するハノーファーが制した。

**************************

長谷部 誠(フランクフルト:ドイツ)/ ポジション:MF

 ライプツィヒ 0-0 フランクフルト(現地時間2月9日の試合)

 3-4-1-2のリベロで先発フル出場した。

--------------------------

大迫 勇也(ブレーメン:ドイツ)/ ポジション:FW

 ブレーメン 4-0 アウグスブルク(現地時間2月10日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

--------------------------

宇佐美 貴史(デュッセルドルフ:ドイツ)/ ポジション:MF 

 デュッセルドルフ 3-0 シュトゥットガルト(現地時間2月10日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

コメントは受け付けていません。