メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年6月8日の試合)

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 エンゼルス 12-3 マリナーズ

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 3番指名打者で先発出場。
 5打数3安打2打点(一安、一ゴロ、左本(1)、右2(1)、一ゴロ)だった。
 4回裏に菊池投手から左中間スタンドへのソロホームランを放った!!(今季第6号)

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回、2死走者なしから大谷選手に内野安打で出塁を許すと、4番プホルス選手にツーベースヒットを許し、2死2,3塁とピンチを広げてしまう。5番スミス選手に2点タイムリーヒットで先制を許し、この回さらに1点を失ってしまう。

 2回、3回はランナーを出すも無失点で切り抜けたが、3対2と1点ビハインドの4回裏、1番ラステラ選手、2番トラウト選手に連続ホームランを浴びて2点を失うと、3番大谷選手にも初球の変化球(カーブ)を完璧に捉えられ、3者連続ホームランを浴びてしまう。
 
 その後フォアボール2つで2死1,2塁となったところで菊池投手は降板。
 試合はエンゼルス打線が2桁得点を奪い大勝した!

大谷選手と菊池投手の日本人対決は、3打数2安打1打点で大谷選手に軍配!!
菊池投手は、今季4敗目を喫した(3勝4敗)

 投球記録;3回1/3を9安打7失点1奪三振4四死球。球数(79)

**************************

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ブルージェイズ 0-6 ダイヤモンドバックス

 5点リードの7回裏1死3塁の場面から3番手で登板。
 ピンチの場面での登板となるも、2者連続三振に切って取り、無失点で切り抜けた。

 投球記録;2/3回を無安打無失点2奪三振。

コメントは受け付けていません。