メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年6月13日の試合)

<メジャーリーグ> 2019シーズン

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 ツインズ 10-5 マリナーズ

 先発で登板。
 初回、味方のエラーとフォアボールで1死1,2塁とピンチを招くも、セカンドゴロ併殺打に打ち取りピンチを切り抜けた。

 2回裏は2本のヒットとフォアボールで無死満塁とピンチを迎えも、ここから菊池投手は粘り、打者3人を空振り三振、空振り三振、ショートゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。

 3回裏にソロホームランを浴びて先制を許すも、その後も粘りの投球で5回を投げ切り、失点1と先発としての役割を果たし降板。
 1点ビハインドの6回表に打線が同点に追いつき、菊池選手は黒星を免れた。
 
 試合は6回裏にツインズ打線が爆発し一挙6点を奪って、これが決勝点となった。

 投球記録;5回を6安打1失点4奪三振2四球。球数(92球) 「勝敗つかず」

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 レイズ 3-5 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 4打数4安打3打点(左本(3)、左2、右3、右安)だった。
 1回表に左中間スタンドへ先制のスリーランホームランを放った!(今季第8号)

※メジャー日本人選手初のサイクルヒットを達成した!!!

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ナショナルズ 0-5 ダイヤモンドバックス

 5点リード8回裏、1死走者なしの場面から2番手で登板。
 打者2人を空振り三振、センターフライに抑えた。

 投球記録;2/3回を無安打無失点1奪三振。

コメントは受け付けていません。