マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月2日~4日の試合)

<AAA>

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

○サン・アントニオ 2-5 アイオワ(現地時間7月3日の試合)

 1対4と3点リードの7回裏1死1塁の場面から2番手で登板。
 ツーベースヒットで1死2,3塁とピンチを広げてしまうと、犠牲フライで1点を返されてしまった。
 なおも2死3塁とピンチは続くが、見逃し三振に抑え最少失点で切り抜けた。

 投球記録;2/3回を1安打無失点1奪三振。

--------------------------

牧田 和久(パドレス傘下AAA:エルパソ)/ 投手

○エルパソ 8-4 フレズノ(現地時間7月3日の試合)

 5対4と1点リードの4回表から2番手で登板。
 3回を3安打無失点5奪三振だった。

 打席記録;1打数無安打(見逃し三振)

※現地時間7月2日、AAA昇格!

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○Portland 7-1 トレントン(現地時間7月2日の試合/ダブルヘッダー第1試合)
   [7回コールド]

 5番サードで先発出場。
 3打数1安打1打点(二ゴロ(1)、見逃し三振、中安)だった。

○Portland 1-0 トレントン(現地時間7月2日の試合/ダブルヘッダー第2試合)
   [7回コールド]

 1番セカンドで先発出場。
 3打数無安打(一ゴロ、空振り三振、空振り三振)だった。

○Portland 9-2 トレントン(現地時間7月3日の試合)

 1番セカンドで先発出場。
 4打数無安打(二飛、左飛、遊ゴロ、一ゴロ)だった。

コメントは受け付けていません。