メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月5日の試合)

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 レイズ 4-8 ヤンキース
   [延長11回]
 
 先発で登板。
 1点リードで迎えた1回裏、1死1,2塁とピンチを招いてしまうが、なんとか無失点で切り抜ける。2回、3回も毎回ランナーを出すものの得点を与えない粘りの投球を見せる。

 しかし4回裏、この回先頭のロウ選手にソロホームランを浴びてしまい同点に追いつかれてしまう。
 5回表に打線が2点を奪って勝ち越しに成功するも、5回裏にこの回も先頭打者にソロホームランを浴びてしまう。

 2対3と1点リードで迎えた7回裏、1死2,3塁とピンチを招いたところで降板。
 後を継いだリリーフ投手が2死満塁から2点タイムリーヒットで逆転を許し、田中投手の勝ち星は消えた。

 投球記録;6回1/3を6安打4失点5奪三振2四球。球数(101球)「勝敗つかず」

--------------------------

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 マリナーズ 2-5 アスレチックス

 先発で登板。
 1点リードの3回表にバレト選手にソロホームランを浴びてしまい同点に追いつかれてしまう。その後は崩れることなく、4回、5回、6回は3者凡退に抑え力投を見せる。

 しかし、2対1と1点リードで迎えた7回表、無死2塁からタイムリーヒットで同点に追いつかれてしまうと、その後1死3塁の場面から犠牲フライで勝ち越しを許してしまった。

 菊池投手は7回を投げ切って降板。
 打線は2点に抑えられてしまい、今季6敗目を喫した(4勝6敗)

 投球記録;7回を4安打3失点5奪三振1四球。球数(95球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 アストロズ 4-5 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 4打数1安打1打点(空振り三振、中本(1)、一ゴロ、二ゴロ)だった。
 3回表にセンターへ今季第13号のソロホームランを放った!

コメントは受け付けていません。