2019年7月 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月21日の試合)

2019年7月22日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 マリナーズ 3-9 エンゼルス

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回2死走者なしの場面で打席には大谷選手が入る。フルカウントからの7球目、菊池投手の投じた真ん中低めのファストボール(フォーシーム)に大谷選手は手が出ず見逃し三振に抑えた。

 しかし2回表ツーアウトからブホルス選手にソロホームランを浴びてしまい、先制点を与えてしまう。

 3回表ツーアウトからフォアボールでランナーを出してしまうと、打席には大谷選手が入る。
 ワンボールからの2球目、菊池投手の投じた外角低めの変化球(スライダー)を大谷選手がひっかけてセカンドゴロに抑えた。

 4回表またもツーアウトからランナーを出してしまうと、グッドウィン選手にツーランホームランを浴びてしまう。さらにその後3連打で2点を失い、この回一挙に4点を失ってしまう。
 
 5回表、この回の先頭打者で大谷選手が打席に入り、この試合3度目の日本人対決が実現。
 ワンストライクからの2球目、菊池投手の投じた外角のファストボール(フォーシーム)を、大谷選手が逆らわず打ち返して左中間フェンス直撃のツーベースヒットで出塁した。

 
 次の打者のアップトン選手にタイムリーツーベースヒットで大谷選手がホームに生還。
 1死3塁から犠牲フライでこの回2点を失い、5回を投げ切り7点ビハインドで降板。菊池投手は7敗目を喫した(4勝7敗)
 
 投球記録;5回を9安打7失点3奪三振1四球。球数(74球)

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 3番指名打者で先発出場。
 5打数2安打(見逃し三振、二ゴロ、左2、中安、遊ゴロ)だった。

**************************

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 4-7 ブリュワーズ

 4対4と同点の7回表から3番手で登板。
 打者3人を相手に3者連続三振と完璧な投球を見せた!
 
 投球記録;1回を無安打無失点3奪三振。

サッカー:日本人選手移籍情報[スペイン](2019年7月22日)

2019年7月22日 月曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

安部 裕葵(鹿島アントラーズ:日本)/ ポジション:MF

 Jリーグ1部の鹿島アントラーズからスペイン1部のバルセロナに完全移籍と発表。
 原則2年間は3部相当のバルセロナBでプレーする。

 トップ昇格までの間の年俸25万ユーロ(約3,125万円)の4年契約。
 移籍金200万ユーロ(約2億5000万円)※金額はいずれも推定。

[クラブ在籍歴]
2016-2019:鹿島アントラーズ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月20日の試合)

2019年7月21日 日曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ヤンキース 11-5 ロッキーズ

 先発で登板。
 1回、2回を3者凡退と安定感のある立ち上がりを見せ、3回、4回は走者を許すも、無失点で切り抜ける。
 
 しかし、9点リードで迎えた6回表、1死走者なしから連打で1点を返されると、その後1,3塁の場面でアレナド選手にスリーランホームランを浴びてしまう。さらにこの回もう1点を失い5失点。

 田中投手は6回を投げ切り、勝利投手の権利を持って降板。
 打線の大量援護もあり、田中投手が7勝目を挙げた!!(7勝5敗)

 投球記録;6回を7安打5失点3奪三振1四球。球数(85球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 マリナーズ 2-6 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 5打数1安打1盗塁(空振り三振、空振り三振、遊ゴロ、二ゴロ、左安)だった。

海外サッカー:ロシア・プレミアリーグ試合情報(開幕戦)2019-20シーズン

2019年7月21日 日曜日

≪ロシア・プレミアリーグ≫(開幕戦)2019-2020シーズン

西村 拓真(CSKAモスクワ:ロシア)/ ポジション:FW

 クリリヤ・ソヴェトフ 2-0 CSKAモスクワ(現地時間7月14日の試合)

 2点ビハインドの後半33分から途中出場した。

サッカー:日本人選手移籍情報[オランダ](2019年7月21日)

2019年7月21日 日曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

ファン・ウェルメスケルケン・際(カンブール・レーワルデン:オランダ2部)/ ポジション:DF

 オランダ2部のンブール・レーワルデンから、オランダ1部リーグのズウォレに完全移籍と発表。
 契約期間は2年で1年間の延長オプション付き。

[クラブ在籍歴]
2015-2017:ドルトレヒト(オランダ)
2017-2019:カンブール・レーワルデン(オランダ)

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月19日の試合)

2019年7月20日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 マリナーズ 10-0 エンゼルス

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打(中飛、見逃し三振、一ゴロ)だった。

--------------------------

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ドジャース 2-1 マーリンズ

 2対1と1点リードの8回表から2番手で登板。
 打者3人を空振り三振、空振り三振、サードゴロと3者凡退に抑えた。

 投球記録;1回を無安打無失点2奪三振。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 10-7 ブリュワーズ

 10対4と6点リードの6回表から3番手で登板。
 打者3人を相手に3者連続三振と完璧な投球を見せた!

 投球記録;1回を無安打無失点3奪三振。

サッカー:日本人選手移籍情報[ポルトガル](2019年7月20日)

2019年7月20日 土曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

安西 幸輝(鹿島アントラーズ:日本)/ ポジション:DF

 Jリーグ1部の鹿島アントラーズからポルトガル1部リーグのポルティモネンセに完全移籍と発表。
 契約期間は3年。解除金は4,000万ユーロ(約48億円)に設定された。背番号「22」

[クラブ在籍歴]
2014-2017:東京ヴェルディ
2018-2019:鹿島アントラーズ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月18日の試合)

2019年7月19日 金曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 2-6 アストロズ

 2対6と4点ビハインドの9回裏2死3塁の場面に代打で登場。
 しかし、空振り三振に倒れてしまい試合終了となった。

 打席記録;1打数無安打(空振り三振)

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月16日~18日の試合)

2019年7月19日 金曜日

<AAA>

牧田 和久(パドレス傘下AAA:エルパソ)/ 投手

○レノ 5-3 エルパソ(現地時間7月16日の試合)

 5対1と4点ビハインドの7回裏から3番手で登板。
 2回を無安打無失点3奪三振1死球だった。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○Altoona 2-4 トレントン(現地時間7月16日の試合)

 9番セカンドで先発出場。
 3打数1安打1打点(右3(1)、四球、投ゴロ、見逃し三振)だった。

○Altoona 6-5 トレントン(現地時間7月17日の試合)

 9番サードで先発出場。
 4打数2安打1打点1盗塁(二ゴロ、中安、左安(1)、右飛)だった。

海外サッカー:アメリカ女子サッカー/NWSL試合情報(第12節)2019シーズン

2019年7月19日 金曜日

≪アメリカ女子サッカー/NWSL≫(第12節)2019シーズン

川澄 奈穂美(スカイ・ブルー:アメリカ)/ ポジション:MF

 スカイ・ブルー 1-0 ユタ・ロイヤルズ(現地時間7月12日の試合) 

 スコアレスの後半40分から途中出場した。

-------------------------------------------

永里 優季(シカゴ・レッドスターズ:アメリカ)/ ボジション:FW

 ヒューストン・ダッシュ 0-1 シカゴ・レッドスターズ(現地時間7月13日の試合) 

 4-2-3-1の左MFで先発フル出場した。

-------------------------------------------

宇津木 瑠美(レイン:アメリカ)/ ポジション:MF

 ノースカロライナ・カレッジ 2-0 レイン(現地時間7月13日の試合) 

 ベンチ入りメンバーから外れた。

海外サッカー:タイ・リーグ1試合情報(第18節)2019シーズン

2019年7月19日 金曜日

≪タイ・リーグ1≫(第18節)2019シーズン

細貝 萌(ブリーラム・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:MF

 プラチュワップ 0-0 ブリーラム・ユナイテッド(現地時間7月14日の試合)

 前半41分から途中出場した。

--------------------------

ハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド:タイ)/ ポジション:FW

 バンコク・ユナイテッド 2-1 トラート(現地時間7月14日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月17日の試合)

2019年7月18日 木曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 5-2 レッズ

 先発で登板。
 この試合も立ち上がりからヒットを与えず、4回まで出したランナーはデッドボールを与えてしまった1人だけ。

 2点リードで迎えた5回表、先頭打者にこの試合2個目のデッドボールで出塁を許すと、
 ツーアウト後にこの試合に初ヒットを許して2死1,2塁とピンチを広げてしまう。
 しかし、最後はセカンドゴロに抑えて無失点で切り抜ける。

 6回表には、先頭打者にツーベースヒットを許し、この試合初の長打を浴びる。
 その後1死3塁となるも、後続をサードゴロ、空振り三振に抑えピンチを切り抜けた。

 2点リードで迎えた6回裏、この回の先頭打者として打席が回ってくるも代打を送られ交代。
 勝利投手の権利を持って降板し、打線も効果的に追加点を奪って勝利し、ダルビッシュ投手は3勝目を挙げた!!(3勝4敗)

 投球記録;6回を2安打無失点7奪三振2死球。球数(83球)

 打席記録;1打数無安打(見逃し三振)

--------------------------

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 フィリーズ 2-7 ドジャース

 先発で登板。
 1点を先制してもらい迎えた1回裏、ワンアウトから2つのフォアボールで1死1,2塁とピンチを招くも、後続を抑えて得点を与えない。
 
 2回裏は3者凡退に抑え、上々の立ち上がりとなるも、3回表ドジャースの攻撃中に大雨により試合が約2時間半も中断。
 試合は再開されるも中断の影響もあり、3回裏から交代となった。
 
 投球記録;2回を無安打無失点3奪三振2四球。球数(35球)

 打席記録;1打数無安打(空振り三振)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 2-11 アストロズ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数2安打(四球、中直、左安、中安)だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月16日の試合)

2019年7月17日 水曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 7-2 アストロズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数2安打1打点1盗塁(遊安(1)、中安、二ゴロ、中飛)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 レンジャーズ 2-9 ダイヤモンドバックス

 1対5と4点リードの8回裏から4番手で登板。
 しかし、ヒットと2つのフォアボールで無死満塁とピンチを迎えたところで、ワンアウトも取れずに降板。

 後を継いだリリーフのロペス投手が犠牲フライで1点を失うも、その後1死1,2塁の場面でダブルプレーに抑えて最少失点で切り抜けた。

 投球記録;0/3回を1安打1失点2四球。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月15日の試合)

2019年7月16日 火曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 9-6 アストロズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数無安打(空振り三振、二直、四球、右直、中飛)だった。

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月12日~15日の試合)

2019年7月16日 火曜日

<AAA>

牧田 和久(パドレス傘下AAA:エルパソ)/ 投手

○エルパソ 1-13 アルバカーキ(現地時間7月12日の試合)

 2回表、5点を失いなおも2死1,2塁の場面から2番手で登板。
 ツーベースヒットを許し、2者が生還しこの回一挙7点を失った。

 3回表もマウンドに上がるが、ツーアウトからヒットとフォアボールでランナーを出してしまうと、2点タイムリーツーベースヒットで9点差と大量ビハインドとなる。

 4回、5回もマウンドに上がるが、ここは無失点で切り抜けた。

 牧田投手は、5回裏に打席が回ってきたところで代打を送られ交代となった。

 投球記録;3回1/3を4安打2失点3奪三振1四球。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○Reading 3-8 トレントン(現地時間7月13日の試合)

 9番セカンドで先発出場。
 4打数無安打(投ゴロ、右飛、遊失、空振り三振)だった。

○Reading 8-2 トレントン(現地時間7月14日の試合)

 9番セカンドで先発出場。
 3打数1安打1打点(遊飛、右飛、二安(1))だった。

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月14日の試合)

2019年7月15日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 エンゼルス 6-3 マリナーズ

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 3番指名打者で先発出場。
 2打数1安打1打点(四球、空振り三振、左犠飛(1)、一安)だった。

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 1点リードで迎えた1回裏2死走者なしから、大谷選手を迎える。
 しかし、フルカウントで迎えた7球目、外角低めに投じた変化球(スライダー)が外れてしまい、フォアボールを与えてしまう。
 後続にもフォアボールを与えてしまい2死1,2塁とピンチを招いたが無失点で切り抜けた。

 だが2点リードで迎えた2回裏、この回先頭のカルフーン選手にソロホームランを浴びてしまう。その後ツーアウトからフォアボールを与えてしまうも、この回は1点に抑える。

 3回裏1死走者なしの場面から、大谷選手が打席に入りこの試合2度目の直接対決。
 ツーボールツーストライクからの6球目、外角低めに投じた変化球(スライダー)で空振り三振に切って取った。

 1対3で迎えた5回裏、フォアボールとヒットで無死1,2塁とピンチを招いたところで交代。
 勝ち投手の権利がかかっていたが無念の降板となった。

 その後菊池投手の後を引き継いだカラシティ投手が無死1,2塁から連続フォアボールで押し出しを与えてしまい1点を失うと、大谷選手に犠牲フライを浴びて同点に追いつかれてしまった。
 
 試合は3対3のまま終盤に入り、8回裏にエンゼルスが3点を奪ってこれが決勝点となった。
 
 投球記録;4回0/3を2安打3失点3奪三振4四球。球数(87球)「勝敗つかず」

**************************

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ヤンキース 4-2 ブルージェイズ

 先発で登板。
 1回表1死2塁といきなり得点圏にランナーを背負ってしまうも、無失点に切り抜ける。

 2点を先制してもらった3回表、1死1,2塁と長打で同点のピンチを招くも無失点で切り抜ける。
 
 しかし5回表、2本のソロホームランで同点に追いつかれてしまう。
 だが5回裏に打線が1点を勝ち越し、6回表は3者凡退に抑え、6回を投げ切ったところで勝利投手の権利を持って降板。
 
 リリーフ陣は無失点リレーでチームを勝利に導き、田中投手が6勝目を挙げた!!(6勝5敗)

 投球記録;6回を4安打2失点5奪三振。球数(79球)

サッカー:日本人選手移籍情報[イタリア](2019年7月15日)

2019年7月15日 月曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

冨安 健洋(シントトロイデン:ベルギー)/ ポジション:DF

 ベルギー1部リーグのシントトロイデンからイタリア1部リーグのボローニャに完全移籍と発表。
 契約期間は5年。移籍金は推定800万ユーロ(約10億円)

[クラブ在籍歴]
2015-2017:アビスパ福岡
2018-2019:シント・トロイデン(ベルギー)

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月13日の試合)

2019年7月14日 日曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 9-2 マリナーズ

 3番指名打者で先発出場。
 3打数無安打1盗塁(空振り三振、空振り三振、中直、四球)だった。

サッカー:日本人選手移籍情報[ベルギー](2019年7月14日)

2019年7月14日 日曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

天野 純(横浜F・マリノス:日本)/ ポジション:MF

 Jリーグ1部の横浜F・マリノスからベルギー2部リーグのロケレンへ期限付き移籍と発表。
 移籍期間は1年間。

[クラブ在籍歴]
2014- :横浜F・マリノス

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月12日の試合)

2019年7月13日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 カブス 4-3 パイレーツ

 先発で登板。
 立ち上がりから完璧な投球で1人もランナーを出さなかった。

 スコアレスで迎えた5回表にワンアウトからこの試合初ヒットを許すも、後続を抑えて得点を与えない。
 6回表に2死1,2塁と初めて得点圏にランナーを背負うも無失点で切り抜けた。

 ダルビッシュ投手は6回を投げ切ったところで降板。
 試合は7回裏にカブスが3点を先制し試合が動き出すと、パイレーツが8回表に同点に追いつかれてしまうも、8回裏に1点を勝ち越しそのまま逃げ切り接戦を制した。

 投球記録;6回を2安打無失点8奪三振1四球。球数(94)「勝敗つかず」

 打席記録;1打数無安打(空振り三振)

--------------------------

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 レッドソックス 8-1 ドジャース

 先発で登板。
 1回裏1死走者なしからディバース選手にソロホームランで先制点を与えてしまう。
 
 2回表に打線が同点に追いつくも2回裏に1死走者なしからバスケス選手にソロホームランを浴びてしまい勝ち越し点を許してしまう。

 3回以降は立ち直り無失点ピッチングを見せるも、2対1と1点ビハインドで迎えた6回裏に2本のツーベースヒットで追加点を与えてしまい、2死2塁となったところで降板となった。

 7回裏にリリーフ陣が5点を失い、打線も2回の1点のみに抑えられチームは敗戦。
 前田投手は6敗目を喫した(7勝6敗)

 投球記録;5回2/3を4安打3失点7奪三振1四球。球数(87球)

--------------------------

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 エンゼルス 13-0 マリナーズ

 3番指名打者で先発出場。
 4打数1安打(左安、四球、空振り三振、左飛、左飛)だった。

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 カージナルス 2-4 ダイヤモンドバックス

 1対2と1点リードの7回裏1死走者なしの場面から2番手で登板。
 打者2人を空振り三振、レフトフライに抑えた。

 投球記録;2/3回を無安打無失点1奪三振。

サッカー:日本人選手移籍情報[ポルトガル](2019年7月13日)

2019年7月13日 土曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

中島 翔哉(アル・ドゥハイル:カタール)/ ポジション:MF

 カタール1部リーグのアル・ドゥハイルからポルトガル1部リーグのポルトへ移籍と発表。
 契約期間は2024年6月30日までの5年間。背番号「8」

<補足>
 アル・ドゥハイルとポルトが共同保有する契約体系で、解約金が8,000万ユーロ(約97億円)に設定されたという情報もある。

[クラブ在籍歴]
2012-2013:東京ヴェルディ
2014-2018:FC東京
2014   :カターレ富山(レンタル)
2017-2018:ポルティモネンセ(ポルトガル/レンタル)
2018-2019:ポルティモネンセ(ポルトガル)
2019   :アル・ドゥハイル(カタール)

マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間7月9日~11日の試合)

2019年7月12日 金曜日

<AAA>

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

 現地時間7月11日、自由契約。

--------------------------

牧田 和久(パドレス傘下AAA:エルパソ)/ 投手

 登板機会なし。

==========================

<AA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AA:トレントン)/ 内野手

○Reading 5-3 トレントン(現地時間7月11日の試合)

 9番指名打者で先発出場。
 4打数無安打(空振り三振、空振り三振、空振り三振、遊飛)だった。

海外サッカー:アメリカ女子サッカー/NWSL試合情報(第11節)2019シーズン

2019年7月12日 金曜日

≪アメリカ女子サッカー/NWSL≫(第11節)2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 シカゴ・レッドスターズ 1-2 スカイ・ブルー(現地時間7月6日の試合) 

永里 優季(シカゴ・レッドスターズ:アメリカ)/ ボジション:FW

 4-2-3-1の右MFで先発フル出場した。

川澄 奈穂美(スカイ・ブルー:アメリカ)/ ポジション:MF

 1点リードの後半34分から途中出場した。

※約10分程度の時間だったが、永里選手と川澄選手の日本人対決が実現した。

**************************

宇津木 瑠美(レイン:アメリカ)/ ポジション:MF

 ポートランド・ソーンズ 0-1 レイン(現地時間7月5日の試合)

 ベンチ入りメンバーから外れた。