2019年7月22日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月21日の試合)

2019年7月22日 月曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 マリナーズ 3-9 エンゼルス

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 初回2死走者なしの場面で打席には大谷選手が入る。フルカウントからの7球目、菊池投手の投じた真ん中低めのファストボール(フォーシーム)に大谷選手は手が出ず見逃し三振に抑えた。

 しかし2回表ツーアウトからブホルス選手にソロホームランを浴びてしまい、先制点を与えてしまう。

 3回表ツーアウトからフォアボールでランナーを出してしまうと、打席には大谷選手が入る。
 ワンボールからの2球目、菊池投手の投じた外角低めの変化球(スライダー)を大谷選手がひっかけてセカンドゴロに抑えた。

 4回表またもツーアウトからランナーを出してしまうと、グッドウィン選手にツーランホームランを浴びてしまう。さらにその後3連打で2点を失い、この回一挙に4点を失ってしまう。
 
 5回表、この回の先頭打者で大谷選手が打席に入り、この試合3度目の日本人対決が実現。
 ワンストライクからの2球目、菊池投手の投じた外角のファストボール(フォーシーム)を、大谷選手が逆らわず打ち返して左中間フェンス直撃のツーベースヒットで出塁した。

 
 次の打者のアップトン選手にタイムリーツーベースヒットで大谷選手がホームに生還。
 1死3塁から犠牲フライでこの回2点を失い、5回を投げ切り7点ビハインドで降板。菊池投手は7敗目を喫した(4勝7敗)
 
 投球記録;5回を9安打7失点3奪三振1四球。球数(74球)

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 3番指名打者で先発出場。
 5打数2安打(見逃し三振、二ゴロ、左2、中安、遊ゴロ)だった。

**************************

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 4-7 ブリュワーズ

 4対4と同点の7回表から3番手で登板。
 打者3人を相手に3者連続三振と完璧な投球を見せた!
 
 投球記録;1回を無安打無失点3奪三振。

サッカー:日本人選手移籍情報[スペイン](2019年7月22日)

2019年7月22日 月曜日

【ヨーロッパ移籍情報】

安部 裕葵(鹿島アントラーズ:日本)/ ポジション:MF

 Jリーグ1部の鹿島アントラーズからスペイン1部のバルセロナに完全移籍と発表。
 原則2年間は3部相当のバルセロナBでプレーする。

 トップ昇格までの間の年俸25万ユーロ(約3,125万円)の4年契約。
 移籍金200万ユーロ(約2億5000万円)※金額はいずれも推定。

[クラブ在籍歴]
2016-2019:鹿島アントラーズ