2019年9月14日 のアーカイブ

メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年9月13日の試合)

2019年9月14日 土曜日

<メジャーリーグ> 2019シーズン

田中 将大(ヤンキース:アメリカンリーグ東地区)/ 投手

 ブルージェイズ 6x-5 ヤンキース
       [延長12回]

 先発で登板。
 初回は3者凡退に抑えるも、2回裏1死走者なしからグリチェク選手にソロホームランを許し、先制点を与えてしまう。

 3回裏、ヒットととエラーで2死2塁と追加点の場面を招くも、空振り三振に抑えて追加点を与えない。

 だが、4回裏2死1塁からツーベースヒットを許し、1塁走者が一気にホームに生還し追加点を奪われてしまう。その後さらに1点を追加され、この回2失点でリードを3点に広げられてしまう。
 
 5回表に打線が5点を奪って逆転に成功し、3対5と2点リードで迎えた5回裏、この回の先頭打者にツーベースヒットで出塁を許すと、後続にタイムリーヒットで1点差に迫られる。無死1塁から後続をセンターフライ、セカンドゴロ、サードゴロに抑え、5回を投げ切り勝利投手の権利を持って降板。

 しかし7回裏に同点に追いつかれてしまい、田中投手の勝ちは消える。
 
 試合は9回で決着つかずに延長戦へ。
 延長12回にビシェット選手にサヨナラホームランを許し、チームはサヨナラ負けを喫した。

 投球記録;5回を8安打4失点6奪三振。球数(88球)「勝敗つかず」

--------------------------

菊池 雄星(マリナーズ:アメリカンリーグ西地区)/ 投手

 マリナーズ 7-9 ホワイトソックス

 先発で登板。
 初回ツーアウトを取るも、3番アブレイユ選手にソロホームランを浴びてしまい先制を許してしまう。さらに連打で2死1,2塁とピンチは続くも、最後はサードゴロに抑えて最少失点で踏ん張った。

 1回裏に打線が3点を奪って逆転に成功し迎えた2回表、ツーアウトから3連打を許して1点を失い、1点差に迫られてしまう。

 3対2と1点リードで迎えた3回表、この回の先頭打者にフォアボールでランナーを出してしまうと、後続の打者にタイムリースリーベースヒットで同点に追いつかれてしまう。さらに無死3塁からタイムリーヒットで逆転を許してしまう。
 その後1死走者なしとするも、エンゲル選手にソロホームランを浴びてしまい、3対5と2点ビハインドとなったところで降板した。

 試合はその後乱打戦となるもチームは敗れ、菊池投手が敗戦投手となった(6勝10敗)

 投球記録;2回1/3を10安打5失点1奪三振1四球。球数(60球)

--------------------------

平野 佳寿(ダイヤモンドバックス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 ダイヤモンドバックス 3-4 レッズ

 3対4と1点ビハインドの7回表から2番手で登板。
 サードゴロ、空振り三振、空振り三振の3者凡退に抑えた。

 投球記録;1回を無安打無失点2奪三振。

海外サッカー:スペイン3部リーグ試合情報(第3節)2019-20シーズン

2019年9月14日 土曜日

<スペイン3部/セグンダ・ディビシオンB>(第3節)2019-2020シーズン

安部 裕葵(バルセロナB:スペイン3部)/ ポジション:MF

 エヘア 1-0 バルセロナB(現地時間9月7日の試合)

 U22日本代表に招集されているため欠場。