メジャーリーグ2019:日本人選手出場記録(2019年7月23日の試合)

<メジャーリーグ> 2019シーズン

【ijawピックアップマッチ:日本人選手所属チーム同士の対戦】

 ドジャース 4-5 エンゼルス

前田 健太(ドジャース:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

 先発で登板。
 立ち上がり、先頭打者にいきなりフォアボールで出塁を許すも、後続を抑え無失点で切り抜ける。

 しかし2回表2死1,2塁とピンチを招くと9番投手の打席で代打が告げられ、大谷選手が打席へ。
 日本人対決が実現したが、ワンボールからの2球目、前田投手の投じた内角のファストボール(フォーシーム)を大谷選手が弾き返してライトへのタイムリーヒットを放ち、エンゼルスが1点を先制した!

 3回表も味方のエラーとヒットで無死1,2塁とピンチを招くが、後続を空振り三振、ファーストへのファールフライ、見逃し三振と粘りのピッチングで追加点を与えない。

 4回表を3者凡退に抑えると、4回裏にドジャース打線が1点を返して同点となる。
 しかし、5回表トラウト選手にソロホームランを浴びて1点を勝ち越されてしまうと、続くアップトン選手にツーベースヒットを許し、1死2塁となったところで無念の降板となった。
 後を継いだリリーフのウリウス選手もエンゼルス打線の勢いを止められず、この回3点を失い、リードを広げられた。

 試合は、3対5と2点ビハインドで迎えた9回裏にドジャース打線が1点を返すも反撃もここまで。
 前田投手が敗戦投手となり、7敗目を喫した(7勝7敗)

 投球記録;4回1/3を4安打3失点7奪三振3四死球。球数(95球)

 打席記録;1打数1安打(右安

大谷 翔平(エンゼルス:アメリカンリーグ西地区)/ 投手・指名打者

 スコアレスで迎えた2回表、2死1,2塁と1打先制の場面で9番投手に打席が回ってきたところで代打で登場。
 ライトへのタイムリーヒットを放ち、エンゼルスが先制した!
 2回裏から守備にはつかず交代となった。

 打席記録;1打数1安打1打点(右安(1)

**************************

ダルビッシュ 有(カブス:ナショナルリーグ中地区)/ 投手

 ジャイアンツ 5x-4 カブス
      [延長13回]

 先発で登板。
 1点を先制してもらい、1回裏のマウンドへ。
 ワンアウトからヒットで出塁を許すも、後続を6-4-3のダブルプレーに抑える。

 しかし2回裏、先頭打者にツーベースヒットで出塁を許すと、その後1死3塁となり犠牲フライで同点に追いつかれてしまった。
 それでも打線が3回表に1点を勝ち越しリードを奪うと、3回裏のダルビッシュ投手は、ツーアウトからヒットで走者を出してしまうも後続を空振り三振に抑える。

 だが落とし穴は4回裏に待っていた。
 1死走者なしからディカーソン選手に同点ソロホームランを浴びてしまうと、その後1死1,2塁とピンチを招き、ピラー選手にレフトへの2点タイムリーツーベースヒットで、勝ち越しを許してしまった。

 5回、6回は3者凡退に抑えて立ち直りを見せたが、4対2と2点ビハインドのまま6回を投げ切ったところで降板した。

 試合は、カブス打線が7回に1点、8回に1点と小刻みに得点を奪い、4対4のまま9回で決着がつかずに延長戦へ。
 延長13回にサンドバル選手にソロホームランを浴びて、サヨナラ負けを喫した。

 投球記録;6回を6安打4失点6奪三振1四球。球数(77球)「勝敗つかず」

 打席記録;2打数無安打(二ゴロ、空振り三振)

コメントは受け付けていません。