マイナーリーグ゙2019:日本人選手情報(現地時間8月9日~12日の試合)

<AAA>

加藤 豪将(ヤンキース傘下AAA:スクラントン)/ 内野手

○スクラントン 2-10 グウィネット(現地時間8月9日の試合)

 6番ファーストで先発出場。
 4打数1安打(三安、空振り三振、三飛、空振り三振)だった

○スクラントン 1-3 グウィネット(現地時間8月11日の試合)

 5番サードで先発出場。
 3打数無安打(四球、中飛、空振り三振、三ゴロ)だった

==========================

<AA>

牧田 和久(パドレス傘下AA:アマリロ)/ 投手

○Frisco 2-1 アマリロ(現地時間8月9日の試合)

 1対1と同点の8回裏1死1,3塁の場面から2番手で登板。
 しかしデッドボールで1死満塁とピンチを広げてしまう。
 その後内野ゴロでホームフォースアウトで1度は失点を防ぐも、2死満塁とピンチは続きこの日2つ目のデッドボールで勝ち越しを許してしまった。さらに満塁とピンチは続くが三振で最少失点で切り抜けた。
 
 9回表に打線が1死満塁とチャンスを作るも得点にはつながらず、接戦を落とした。

 投球記録;2/3回を無安打無失点1奪三振2死球。

○アマリロ 3x-2 Midland(現地時間8月12日の試合)
    [延長11回]

 2対2と同点の7回表から2番手で登板。
 2回を無安打無失点1奪三振だった。

==========================

【マイナー契約】

田沢 純一(カブス傘下AAA:アイオワ)/ 投手

 カブスを自由契約になっていたが、現地時間8月11日にレッズとマイナー契約で合意した。

コメントは受け付けていません。